MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

キューブベルリン(cube berlin)、斬新なキューブ型のオフィスビルがベルリンに誕生!


CA Immoはベルリンの真ん中で 、政治、ビジネス、文化の中心に、斬新なオフィスビル「キューブベルリン(cube berlin)」が誕生させました。このキューブ型の建物は、ベルリンの主要鉄道駅とシュプレーボーゲンに直接隣接するワシントン広場にあり、政府街の向かい側に位置しており、新都心「ユーロシティ」の一部を「構成しています。キューブベルリンの並外れた建築は、3XNコペンハーゲンによって設計されました。cube berlinは、古い様式や当たり前の事に疑問を投げかけています。

 

【出展元】
CAイモ>キューブベルリン
cube berlin Smart Office Building / 3XN

 

ベルリンの中央駅前にある四面体の建物は、外から見ると巨大な現代彫刻のように見えます。ダブルスキンのファサードにはダイナミックな切り込みを入れ、自由に踏み出せる空間を演出しています。

床から天井までの窓からは、ティアガルテン、カンツレアムト、ライヒスタークなどのベルリンのランドマークが一望でき、豊富な自然光、開放的な窓からの自然換気、外部ソーラーシェード、全フロアの屋外テラスなど、商業テナントの来館者が利用可能です。建物を取り囲む広場やギャザリングスペースにより、この密集した都市の敷地内とその周辺で、これまでにない歩行者の活性化の機会を提供しています。

 

 

このプロジェクトは都市との新たな相互作用の瞬間を生み出しました。歩行者がキューブに惹かれ、ガラスに映る自分の姿を楽しんでいるのが解ります。プロジェクトを担当した3XNのパートナーであるトーベン・オースターガード氏は、「設計プロセスを開始したとき、私たちの野望は広場のアニメーションに貢献する建物を作ることでした。私たちは、一流のオフィススペースを提供しながら、通りすがりの人々を巻き込みたいと考えていました。また、このプロジェクトはベルリンのスカイラインに新しい価値を提供し、建物が周囲と相互作用するための新しい方法を模索したいと考えました」と語りました。

 

 

 

cube berlinは、10階建ての柔軟性の高いマルチテナントのオフィススペース、地上階のフードマーケットとオフィスロビー、地下駐車場と植物室、屋上テラス、オプションの会議エリアを提供しています。キューブ・ベルリンの総面積は19,500 m2に及び、柔軟性の高いモジュール式の地上空間を提供しています。四方に開口部を設けた魅力的な1階は、訪れる人を迎えてくれます。スプリーを望む1階は、1階と接続してオープンオフィスの応接スペースとして設置することができます。必要に応じて、全フロアを防火区画の邪魔にならないように設計することができ、1フロア300m²から約1,370m²までのフレキシブルなレンタルスペースを確保することができます。

 

 

 

キューブ・ベルリンは、美的な美しさだけでなく、技術的にもスマートな商業ビルとして新たな基準を打ち立てました。延べ床面積は19,500 m2とそれほど大きなビルではありませんが、彫刻的なデザインがこのビルに圧倒的な存在感を与えています。

 

 

 

彫刻的な造形のファザードに映し出された夕焼け。

 

 

 

 

芸術的なキューブ型のビルの夜景は芸術的な美しさです。

 

 

 

キューブベルリン(cube berlin)はデザインの持つ力を改めて教えてくれる、そんな素晴らしいオフィスビルだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE