【再都市化ナレッジデータベース】

上海「1000 Trees」が完成間近。ヘザーウィック・スタジオが手がけた、木々に覆われた山のような姿の複合ビル



上海でヘザーウィック・スタジオが手がけた「1,000 Trees」プロジェクトが完成間近となりました。上海市のM50芸術地区のそばにある2つの敷地に分かれた1,000 Treesは、小売店、オフィス、飲食店、イベント会場、ギャラリーなどが混在する山のような2つのピークで構成された複合施設です。

1,000 Treesは、その名前が示すように、千鳥状のピクセル化された表面から聳える何百もの木で覆われた特異なデザインの建築物です。木々は、構造コンクリート柱の上に取り付けられた3つの異なるサイズ巨大なプランターに収容されています。

【出展元】
http://www.1000trees.com.cn/

 

 


「1000 Trees」の施設構成はこんな感じです。

 

 

 

 

美しい蘇州河のほとりに建設された、木々に覆われた山のような姿の1000trees。インスピレーションの元となったのは、独特の景観で知られる景勝地、黄山。自然の美しさと芸術・伝統を調和させ式の移ろいを感じさせ木々や葉のしずかな佇まいで「緑の呼吸スペース」を提供するこの場所は、訪れる人々に忘れる事の出来ない体験をもたらします。

 

プランターには、約25,000の個別の植物と、低木、多年生植物、登山家を含む46の異なる品種が植えられました。各プランターには、上海の崇明島、長江デルタ内の肥沃な土地から供給された植物のユニークな組み合わせで、それらの半分以上は「年間を通じて緑豊かな建物を確保する」ために常緑樹です。

 

 

 

 

プランターのアップです。常人には考えつかないデザインだと思います。

 

 

 


市街地側の壁面には地元のアーチストなどのアート作品が描かれています。

 

 

今回完成した部分は第1期開発で、これから第2期開発が行われます。2期では、900メートルに及ぶ川沿いのパブリックスペースや12,000平方メートルのランドスケープパークなど、より多くの造園が行われ、ジョギングコースや彫刻庭園、屋外イベントスペースなどが設けられる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です