【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)関電不動産八重洲ビルが着工。東京八重洲にBCP対策に配慮したオフィスビルを建設【2022年5月竣工】



関電不動産開発は、2020年9月16日付けのニュースリリースで、同社が東京都中央区京橋一丁目で開発を進めている「(仮称)関電不動産八重洲ビル」の新築工事を 9月16日に着工したと発表しました。

計画地は「東京」駅や東京メトロ銀座線「京橋」駅など 5 駅 16路線が利用可能で、八重洲通りと昭和通りの交差点に面しています。新ビルは地上 13 階、地下 1 階、延床面積約 13,500 ㎡の中規模テナントビルで、基準階貸 室面積は約 850 ㎡(約 250 坪)、三面採光・四隅コーナービューによる開放的かつ整型・無柱のオフィス空間を実現しています。

 

【出展元】
「(仮称)関電不動産八重洲ビル」新築工事着工のお知らせ 

 

 



「より心地よく、より安全に、より創造的に」を開発コンセプトとし、プライベートテラスやオフィスキッチンを設置、 屋上には屋外ワークスペースや社内イベントスペースとして活用できる約 250 ㎡のルーフテラス を計画するなど、「協働」や「創造」に適した空間づくりに注力しています。 また、人検知センサーによる照明・空調の自動制御など、様々な環境配慮技術を採用することで設計段階での建築物省エネルギ ー性能表示制度(BELS)の最高ランク及び「ZEB Ready」認証を取得しています。

BCP 対応としては、免震構造や 2回線受電の採用、72時間対応非常用発電機の設置、超高層ビル同等のガラス強度の確保に加え、有事の際のオイルタンクや受水槽の残量見える化設備を導入し、 テナント企業の事業継続を支援します。

 


【計画概要】
所在地 : 東京都中央区京橋一丁目 11 番1他 12 筆(地番)
敷地面積 : 1,352.39 ㎡(409.09 坪)
延床面積 : 13,482.13 ㎡(4,078.34 坪)
構造規模 : 鉄骨造 免震構造、地上 13 階、地下 1 階、塔屋 2 階
主要用途 : 事務所・店舗・駐車場
設計 ・ 施 工 : 大成建設株式会社
着工 : 2020 年 9 月 16 日
竣工 : 2022 年 5 月 31 日(予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です