新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

JPタワー大阪?梅田3丁目計画(仮称)の新たな完成予想図が公開される!


日本郵便、大阪ターミナルビル、JTBの3社は、JR大阪駅前の大阪中央郵便局跡地などを一体的に建て替える「梅田3丁目計画(仮称)」の環境影響評価準備書を大阪市に提出しました。「梅田3丁目計画(仮称)」は大阪駅前にあった旧大阪中央郵便局跡地を中心とする敷地面積約12,900㎡に対する再開発計画で、オフィス・商業・ホテル・劇場等で構成された、地上40階建て、高さは約188m、延べ約22.9万㎡の複合ビルが建設されます。工期は解体も含めて約4年半程度を見込んでおり、2020年7月からアクティ西駐車場の解体に着手し2024年3月の竣工を目指しています。

【出展元】
→大阪市>梅田3丁目計画(仮称)環境影響評価準備書

 

アリー my dearさん、TwitterのDM等で情報を頂きました、ありがとうございました!

 

 

 



計画地は上図のピンク色の箇所です。建設地は大阪市北区梅田3-2-4ほかの敷地約12,900㎡。土地は日本郵便が大阪中央郵便局部分の約8,900㎡を、JR西日本とJTBが大弘ビルと駐車場棟の約4000㎡を所有しています。

 

 

 




用途別断面図と西・南側の立面図です。

新ビルの規模は、S造、一部RC、SRC造、地上40階、棟屋2階、地下3階、高さ約188m。延べ床面積は約22.9万㎡に達する超弩級の巨大ビルです。オフィスが約10万㎡、商業施設が約4.4万㎡、ホテルが約4.2万㎡、劇場が約0.6万㎡。当初計画にはなかったホテル(約4.2万㎡)が加わり、各施設の割合が大きく変わりました。また、劇場の位置が当初計画の東側(大阪駅側)から反対側の西側に変更されています。

注目点は高層階に入居するホテルのブランドです。延べ床面積が約4.2万㎡とかなりの広さがある事、中層階に宴会場などが配置されている事などから、コンラッドやセントレジスの様なスーパーラグジュアリーホテルではなく、ウエスティン大阪、帝国ホテル大阪など4つ星クラスの大型ホテルになるのではないでしょうか?本計画にはJR西日本が参画しているので、同社グループが展開する「グランヴィア大阪」の上級ブランドを設定して入居する可能性があります。

 

 

 

 


最後は梅田スカイビルから見た完成予想パースです。図面から推測すると、新ビル高層部の横幅は100mを超え105〜10m程度になりそうです。アクティ大阪の横幅は約120mなので、梅田3丁目計画の巨大さが想像できると思います。

 

4 COMMENTS

LEACH

梅田の高さ制限のせいか、ずんぐりしたビルですね。w
見る角度で変わるとは思いますけど。

丸ビルもこう見ると低く見えますね。

Akira

梅田3丁目計画のデザインが変更されましたね。
梅田スカイビルの展望台から見る梅田3丁目計画のビルの印象は、横幅が広い巨大なビルの印象ですが、梅田の西側(西側立面図)から見る梅田3丁目計画の印象はかなり違いますね。
西側から見ると約188mの超高層ビルの両サイドに段差のあるビルがありますので、完成するとどんな感じになるか楽しみです。
阪神建て替え中189m、曾根崎高層マンシヨン191m、梅田3丁目計画188m、うめきた2期の南側には185m、185mが立ち並び、さらに堂島には195mの複合超高層マンシヨンも建設されますので楽しみです。
それと御堂筋ツインタワーの建設も控えてますね。

ikenobo

当初の計画とは高層棟と劇場の位置が入れ替わり、スカイビルからの景色が残念なこに。北浜や淀屋橋の建設予定の日生、ツインビル等、タワー群がすっかり隠れてしまいます。デザインも巨大なぬりかべのよう。

サジャ

見た目が・・ゴッツイですねぇ。デザインが当初と随分変わりました?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です