MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

ホテル京阪ユニバーサルシティが契約期間満了に伴い2021年5月6日に営業終了。今後はホテルマネージメントジャパンがリブランド実施



 

ホテル京阪は、2021年3月5日付けのニュースリリースで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルホテルの1つ「ホテル京阪ユニバーサルシティ」の運営を、賃貸借契約期間の満了に伴い2021年5月6日をもって終了すると発表しました。 同ホテルは、USJの開園当初の2001年に開業し、ハリウッド映画の世界にいるようなコンセプトルームや、世界の料理が楽しめる本格バイキングレストランなどが提供されてきました。ホテル京阪は、同エリアに所在する「ホテル京阪 ユニバーサル・タワー」の運営を続けます。

【出展元】
「ホテル京阪 ユニバーサル・シティ」営業終了のお知らせ

 

 

 

 



閉館する「ホテル京阪ユニバーサルシティ」について、今後は、オリエンタルホテル 東京ベイ、ヒルトン東京お台場などを手がけるホテルマネージメントジャパンが運営を行い同社のグループブランドホテルとしてリブランドを実施。新ホテルに関してもユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルホテルとしての運営を予定しています。詳細については後日発表するとの事です。

 

 

 



 

USJ周辺のホテルは競合関係にあり、各ホテルが切磋琢磨しています。現在の所、一番人気と言われているのが『ザ・パークフロントホテル』、これに『ホテルユニバーサルポート』『ホテルユニバーサルポートヴィータ』が続く展開です。その他、『ザシンギュラリホテル&スカイスパ』、『ホテル京阪ユニバーサル・タワー』が後に続き、1駅はなれた『リーベルホテル』が充実した館内設備で独自性を発揮しています。

今回閉館してリブランドが行われる『ホテル京阪ユニバーサル・シティ』は開業後20年以上が経過し施設の古さが目立ってきていたので、今回のリブランドで一気に競争力を引き上げる事になりそうです。そうなると一番厳しくなるのは、同じく20年選手となる『ホテル近鉄ユニバーサル・シティ』です。周辺ホテルの施設レベルについていく為にも思い切ったテコ入れは必至だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です