MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

世界一スパコン「富岳」が完成!神戸理化学研究所で本格稼働、2021年3月9日より共用開始



理化学研究所(理研)は2021年3月9日付けのニュースリリースで、理研と富士通が2014年から開発・整備を進めてきたスーパーコンピュータ「富岳」は2021年3月9日に完成し、同日から学術・産業分野向けに提供するため共用が始まったと発表しました。

「富岳」は、文部科学省が推進する革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の中核システムとして、開発・整備を進めてきたスーパーコンピュータで、スパコン「京」の後継機として開発されました。2020年5月にすべての筐体の搬入が終了しており、その後、共用開始に向けた開発と利用環境整備などを進められていました。

最大でスーパーコンピュータ「京」の100倍のアプリケーション実効性能により「高解像度」「長時間」「大規模」「多数ケース」のシミュレーションが可能です。身近な社会的課題の解決から、基礎科学の理解に至る様々なインパクトがもたらされると期待されてます。

【出展元】
スーパーコンピュータ「富岳」完成、共用開始

 

 



富岳はスパコンの性能ランキング「TOP500」「HPCG」「HPLAI」「Graph500」で、2020年6月と11月の2期連続で4冠獲得を獲得しました。「スーパーコンピュータ『富岳』成果創出加速プログラム」や
「新型コロナウイルス対策利用」などで試行的に利用されており、すでにゴードン・ベル賞ファイナリストとして、
「大規模数値流体シミュレーションに関する研究」および「史上最大規模の気象計算」が選出されています。

 

高度情報科学技術研究機構(RiST)は、なおRISTは、富岳の共用開始以降、「成果創出加速プログラム」の継続とともに、幅広い研究者などが即時に本格的利用を開始できるよう、一般公募を行い、2021年度の一般利用・産業利用課題74件を採択している。さらに、早期成果創出を狙う小規模な課題、アプリケーションの動作検証や性能評価を試行する課題の2種類を募集しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です