【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

梅北(グランフロント大阪)Bブロック 12.09

IMG_2789.jpg

梅北(グランフロント大阪)
は、 大阪駅北側のコンテナヤード約24haに対する再開発計画で、現在先行開発地域約7haの建設工事が進められています。今回ご紹介するBブロックには、南側に175.3mのオフィス主体のビル、北側には154mのホテル・オフィスの複合ビル、計2棟の超高層ビルが建設されます。また2棟は低層部で連結され、ナレッジキャピタル、商業施設等が入居、Bブロックの延べ床面積は30万平米に迫る巨大開発となります。

【過去記事】
梅北(グランフロント大阪)Aブロック 12.08
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 12.08
グランフロント大阪オーナーズタワー 12.08

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 12.06
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 12.06
グランフロント大阪オーナーズタワー 12.06

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 12.04
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 12.04
グランフロント大阪オーナーズタワー 12.04

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 12.03
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 12.03
グランフロント大阪オーナーズタワー 12.03

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 12.01
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 12.01
グランフロント大阪オーナーズタワー 12.01

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.12
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.12
グランフロント大阪オーナーズタワー 11.12

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.11
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.11
グランフロント大阪オーナーズタワー 11.11

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.10
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.10
グランフロント大阪オーナーズタワー 11.10

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.08
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.08
梅北(グランフロント大阪)Cブロック 11.08

梅北(グランフロント大阪) 11.06
梅北 11.04
→梅北 11.03
→梅北 11.02
→北ヤードの新名称は「うめきた」に決定
→【投票結果発表!】梅田北ヤードに相応しい新名称は?
→梅田北ヤードの新名称、一般投票で決定
→インターコンチネンタル・ホテルが大阪・北ヤードに進出
→北ヤード 10.03(タワークレーンのレイアウト図)
→北ヤードのイメージパース 09.08
→北ヤードのイメージパース
→北ヤード1期 全景
→北ヤード1期 広場
■追跡取材リスト










IMG_2798.jpg



【スペック】
名称:
グランフロント大阪-Bブロック・サウス(写真右)
階数:地上38階、塔屋2階、地下3階
高さ:175.3m
用途:オフィス・商業・ナレッジ・キャピタル
竣工:2013年03月下旬(予定)

敷地面積:22,680.05m2 
建築面積:15,744.97m2
延床面積:295,083m2
※Bブロック全体


名称:
グランフロント大阪-Bブロック・ノース(写真左)
階数:地上33階、地下3階
高さ:154m
用途:オフィス・ホテル・商業・ナレッジキャピタル
竣工:2013年03月下旬(予定)

敷地面積:22,680.05m2 
建築面積:15,744.97m2
延床面積:295,083m2
※Bブロック全体














IMG_2792_20120921222734.jpg



Bブロック・サウス(写真左)Aブロック(写真右)の並びです。抜ける様な青空をバックに見た2棟の並びはメッチャかっこいいです。










IMG_2736_20120921222647.jpg

撮影ポイントを変えて、梅田スカイビルの展望台から見た、Bブロック・サウス(写真左)Aブロック(写真右)の並びです。












IMG_2740_20120921222647.jpg


Bブロック・サウス(写真左)Aブロック(写真右)の塔屋部分をアップで。こうやって見ると、それぞれの塔屋のデザインが微妙に異なっているのが良く解りますね。











IMG_2729.jpg


スカイビルの展望台から見た、Bブロック全体の様子です。タワークレーンが姿を消し、高層部の外観はほとんど完成状態になりました。










IMG_2732.jpg


Bブロックの低層部分の様子です。












IMG_2742_20120921222647.jpg


Bブロック・ノースの塔屋部分の様子です。Bブロック・ノースの塔屋は真っ黒で、外観上のアクセントになっています。Bブロック・ノースの1階〜4階及び、20階〜32階の合計17フロアに入居するインターコンチネンタルホテル大阪は、ホテルルーム:215室、サービスレジデンス:57室の構成となっており、2013年夏に開業する予定です。













 IMG_2702.jpg


南東側から見た、Bブロック・サウスの様子です。前月に比べると低層部の醸成ネットがさらに取り払われており、完成時の様子が想像出来る様になってきました。













IMG_2807.jpg


北東側から見た、Bブロック・サウスの様子です。低層部の東側には大きなガラス面が取り付けられています。













IMG_2804_20120921222733.jpg


続いて、南東側から見た、グランフロント大阪-Bブロック・ノースの様子です。











IMG_2815.jpg


北東側から見た、グランフロント大阪-Bブロック・ノースの様子です。










IMG_2802.jpg


最後は、イナバウアー・ショット(笑)で捉えた、Bブロック・サウス(写真左)Aブロック(写真右)の並びです。見上げてみると、全く新しい大阪の風景が、そこにありました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。