新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.12.30


阪神電鉄が工事を進めてきた、梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) 工事は東西にて2工区に分け、東側を期、西側を期として2段階で施工され、201410月に新阪急ビルの解体工事に着手、20152月からは大阪神ビルの側の解体工事を開始。2018427日(金)に1期棟が竣工、201861日(金)に阪神百貨店が1期棟に移転開業しました。今後は、旧阪神百貨店を解体し、跡地に超高層ビルを建設する2期工事が行われます。

 

 

【出典元】
梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)
2018年4月27日(金)に期棟が竣工、6月1日(金)には阪神百貨店が部分開業

【過去記事】
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.11
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.09
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.08
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.07

阪神百貨店建替え1期棟が開業!大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.06(ビル外観編)
阪神百貨店建替え1期棟が開業!大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.06(外周デッキ・歩道編)
阪神百貨店建替え1期棟が開業!大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.06(地下通路・スナックパーク編)

大阪梅田ツインタワーズ・サウスー阪神百貨店1期部分の状況 18.05(ビル外観編)
大阪梅田ツインタワーズ・サウスー阪神百貨店1期部分の状況 18.05(ビル周辺編)

建替え中の阪神百貨店1期部分は201861日に開業!ビル名称を「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定!
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 18.03
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 18.02
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.12
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.10
建替え中の阪神百貨店の外壁が甲子園球場のツタで覆われる?
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.09


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.04
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.04

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.03
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.03

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.02
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.02

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.12
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.12

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.11
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.11

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.09
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.07

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.04

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.12
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05
阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース

 

th_001_20160507233136377.jpg


■工事施行計画 

現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングを東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工。

 ■総投資額 約450億円 

 ■工事スケジュール 
工事に伴い、2014年4月より売場縮小工事を順次行い、2021年秋頃まで減少した売場面積での営業。

 ●準備工事(ビル縮小に伴う階段・エレベーター等の移設工事)
2014年2月~

 ●Ⅰ期工事 
2015年春頃 大阪神ビルディング東側解体工事着手
2018年春頃 Ⅰ期棟竣工・阪神梅田本店Ⅰ期棟オープン

●Ⅱ期工事 
2018年春頃 大阪神ビルディング西側解体工事着手
2021年秋頃 Ⅱ期棟竣工

●阪神梅田本店グランドオープン 
2021年秋頃 阪神梅田本店グランドオープン

 

 

 


現地の様子です。前回の撮影が2018年12月1日だったので約4週間振りの取材です。

 

 

 

 


こちらは2018年12月1日の様子です。

 

 

 


そこから約4w後、2018年12月30日の様子です。1ヶ月弱の間にこれだけ小さくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


北西側から見た様子です。奥に見えるのは2018年06月にオープンした1期棟の様子です。

 

 

 

 

 

 

 


最後は梅田阪急ビルから見た様子です。阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスですが、既存建物の解体はかなり進みました。そういえば噂で聞いた話ですが、大阪梅田ツインタワーズ・サウスのオフィスフロアはすでに募集が始まっているそうです。西日本で初めて1フロア1000坪を超える「メガフロア」との触れ込みで賃料は、坪3万円後半との事。予約するには敷金の前払いが必要となります。仮に100坪を借りるとして、賃料が3.7万円、敷金6ヶ月分と仮定すると、2021年オープンの物件に、2220万円の敷金を前払いする必要があります。相当強気の条件ですが、すでに予約が入り始めているそうです。凄いですね・・。

17 Comments

XYZ

私も表に出てない計画は色々知ってるんですがねぇ・・・
それが本当に着工されるのか郵政の件があったので心配なのです。

匿名

大阪は毎年5万~10万のオフィス供給でしたがグランフロントのスタート時の不振でここ何年か減速して、供給不足が続いている。
同じく、今後阪神、郵政、梅北二期で40万強のオフィスが供給されるので、そこをどう見るかは、阪神の予約次第ではないか。予約が良ければ動き出すはず。それにしても阪急阪神の見通しは完璧、郵政はお粗末。
郵政完成遅れで二期のオフィスは18万と少ないが、今後見直すかも。

アリー my dear

谷町百丁目さんと某京都府民さんのおっしゃる通りだと思います。
今現在起こっている目先のことだけで全てを判断して決めつけるのではなく、長期的な視点に立って考えることこそが必要だと強く思いました(╹◡╹)

某京都府民

いろんな考え方はあると思いますが、そう一朝一夕には物事は動かないものです。一喜一憂せず、着実な取り組みを見守っていきたいと思います。

谷町百丁目

都市として余計なブランクを作ってしまったのは確かですが、オフィスはこれから増えるでしょう
賃料上昇率や空室率の推移を見る限りそこまで心配することはないかと

そもそも今のオフィス不足って、グランフロントの初動が悪くてデベロッパーが二の足を踏んだという要因が大きいのでは?
今は全く市況が違います、大丈夫ですよ

XYZ

確かに人口増加数・率ともに全国トップの東京都と、人口減少中の大阪府の成長率が同等、または大阪府のほうが若干上の時点でお察し状態なんでしょう。
東京は過密化しすぎてどんなに企業や人が集中しようが伸びしろがないんでしょうね。

しかし残念ながら不動産業界は真逆に動いていますね。
東京五輪決定後の雑誌には「東京一極集中大加速!」だの「大阪の嫉妬と怨念」だのボロカスに書かれていたのを思い出します。
その風潮で続々と東京に新規計画が立ち上がり、その煽りを受けた大阪のオフィス計画はバッタリ白紙になったりストップしたのが現状です。
東京はこの3年で200万平方メートル以上のオフィス供給らしいです。
凄まじい供給量です。

デベロッパーが一度大阪を見捨ててしまった煽りでしょうね。

この2014年の御堂筋のマンション計画もどこにいってしまったのでしょうか・・・

御堂筋に初のマンション建設計画が浮上、規制緩和を受け超高層ビル化も視野に!
https://saitoshika-west.com/blog-entry-2267.html

匿名

大阪がビジネス街として低く見られていたのではなく
ビジネス界が大阪では低く見られるようになったのですよ

一極集中しても成長率は全国平均以下の東京の惨状を見れば
それで正解だったと思います

XYZ

あと大阪のオフィス不足は毎日放送でCBREの方が割とド直球な分析をしていましたね。

【なぜ?大阪にオフィスない原因は訪日外国人急増仕事場がホテルに変身】
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/mbs/25507/716917/

新卒採用のために良いオフィスが必要だと思い、人材獲得が難しい状態の中できれいなオフィスは重要な要素になる。
人材獲得以外にも理由はあり、山口武さんは大阪はビジネス街として低く見られていたこともオフィスがないことの理由だと話している。

>大阪はビジネス街として低く見られていたこともオフィスがないことの理由だと話している。

XYZ

今思えば日本郵政は経営判断を誤りましたね。
当初の計画通り着工していれば、今頃テナントで満室になっていたでしょうに・・・

匿名

大阪都心部の大型オフィス不足が深刻な状態です。
大阪梅田ツインタワーズ・ノース(2021年秋完成予定)のオフィス募集が始まっているんですね。
すでに予約が入っているんですね。

梅田3丁目計画の建設工事予定は今年なので期待しています。
日本郵政は早期建設を望んでいるでしょ。

アリー my dear

またお邪魔しますσ(^_^;) いつも言ってることで恐縮なのですが、とにかく驚きのこの解体ペースの速さ!

たった1ヶ月で約半分まで縮むなんて、これも解体工法が進化した証しかもしれないなと思いました٩( ᐛ )و

アリー my dear

そうなることを願っています(╹◡╹)

スライム

いくらオフィス不足とはいえ、大阪で坪3万円後半は本当でしょうか。グランフロントでは坪2万でも苦戦したという話でしたが・・・。

1フロア4500㎡はソニー本社ビルに迫るレベルですね。フロアが広いビルは迫力があります。オフィス部分は14.5万㎡で、ここだけ見ても大阪最大級でしょう。せっかくの広いフロア面積も細切れとなっては意味がありません。大手企業が1フロア一括、できれば複数フロアでどーんと入居してほしいです。

XYZ

オフィス不足に喘ぐ大阪にとっては天の恵みのようなビルになりますね。
しかし容積率2000%越えは伊達じゃないですね。
厚みが太い・・・

アリー my dear

え⁉︎ もう募集が始まっているのですか? しかも予約が入り始めてるなんて…びっくりですε-(´∀`; )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です