【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

愛知大学名古屋校舎第2期工事の状況 15.09

th_001_20150207221256713.jpg

【出典元】2017年春、名古屋キャンパスに本館(研究棟)・グローバルコンベンションホール完成予定<2期工事>


愛知大学名古屋校舎第2期工事は、現在の愛知大学名古屋キャンパスの東側B-2敷地)にある駐車場・駐輪場で、建設される超高層キャンパスを建設する再開発計画で、高さ約100mの超高層キャンパスが建設されます。超高層ビルとなる本館(研究棟)には研究室のほか教室、学生用のスペースが設けられます。また、B-2敷地南側にはグローバルコンベンションホールが建設され、学会や国際会議等が開催できる600名収容のホールが設けられます。



【施設概要】
100m級のシンボル性
環境性能とデザイン性を併せ持つエコボイドの設置
グローバルコンベンションホール(600名収容)の設置
教室数の拡大(1.5倍)と研究室の本館(研究棟)への移転
学生用のスペース(ラウンジ、フリースペース、自習室)を拡充
グローバルスペースやラーニングコモンズの設置
館(研究棟)の最上階に学生、見学者のためのラウンジを設置
上空通路(2階、5階)の設置
機械式駐車場の設置
超高層建物として高度な耐震設計、地盤の液状化対策、備蓄倉庫の確保














th_IMG_0445_20151007002321a25.jpg



現地に掲示されていた配置図です。
愛知大学名古屋校舎第2期工事は既存建物の西側(写真上)で行われています。













th_IMG_0460_20151007002324780.jpg


現地の様子です。写真は敷地北側の様子です。この辺りにランドマークタワーとなる、高さ約100mの本館(研究棟)が建設されます。














th_IMG_0462.jpg


敷地真ん中の付近の様子です。














th_IMG_0464.jpg


敷地南側、グローバルコンベンションホールが建設される辺りです。














th_IMG_0212_20151007002332e88.jpg


撮影ポイントを変えて、ミッドランドスクエアから見た様子です。














th_IMG_0213_20151007002334f95.jpg


最後は引き気味のアングルで、
愛知大学名古屋校全体の様子です。







2 Comments

匿名

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
なんかここの再開発はとりあえず新しい建物を建ててみました、みたいな感じであまり気合いを感じないな

返信する
タム

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ささしまライブの開発が急ピッチで進んでいますが、アクセスをなんとかしないと陸の孤島になりかねません。
一応、あおなみ線という鉄道がありますが、名古屋駅での乗換はJR・名鉄共に不便です。
名古屋駅から歩いても行けますが20分ほどかかります。
新駅や動く歩道を設置が必要だと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。