【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 18.06


※現地に掲示されていたパネルを撮影しました

(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事は、大阪市中央区淡路町2丁目の堺筋沿いに計画されている高層ビルの建設計画です。新ビルの規模は、地上18階、地下1階、高さ77.9m、延床面積11,178.52m²で、近畿産業信用組合の新本店となる予定です。現在の本店(大阪市天王寺区)は、経営破綻し、同信組が事業譲渡を受けた旧信用組合関西興銀本店で、老朽化のため移転後に売却される事になります。

 

【過去記事】
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 18.02
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 18.01
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.09
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.07
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.01
近畿産業信用組合が淡路町の堺筋沿いに新本店ビルを建設!

 

 

 

 
th_IMG_0072_2017080323464869e.jpg
 

【スペック】
名称:(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事
所在地:大阪市中央区淡路町2丁目1−3(住居表示)
階数:地上18階、地下1階
高さ:77.9m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 :
主用途:事務所
総戸数:—–
敷地面積:1,134.39 m²
建築面積:656.49 m²
延床面積:11,327.75m² ※容積対象面積:9,858.65㎡
建築主:近畿産業信用組合
設計者:大成建設
施工者:大成建設、長谷工コーポレーションJV
着工:2017年03月(予定)
竣工:2019年01月(予定)

 

 

 

 


現地の様子です。前回の撮影が2018年2月だったので約4ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 


南西側から見た様子です。養生ネットで覆われているため、外装を見る事は出来ませんが、前回取材時に比べるとかなり高くなっていました。

 

 

 

 

 

 


頂部付近の様子です。

 

 

 

 

 

 


最後は堺筋側から見た様子です。完成後は、ビル全体を透明のガラスカーテンウォールが包み込む様な外観になります。

2 COMMENTS

アリー my dear

最高部まで到達してますね。細身だから高く見えていい感じです(^。^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です