【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 18.01

th_001_20160223230937e38.jpg 【出典元】→産経WEST>近畿産業信用組合、平成30年に北浜に新本店ビル

(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事は、大阪市中央区淡路町2丁目の堺筋沿いに計画されている高層ビルの建設計画です。新ビルの規模は、地上18階、地下1階、高さ77.9m、延床面積11,178.52m²で、近畿産業信用組合の新本店となる予定です。現在の本店(大阪市天王寺区)は、経営破綻し、同信組が事業譲渡を受けた旧信用組合関西興銀本店で、老朽化のため移転後に売却される事になります。


【過去記事】
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.09
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.07
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.01
近畿産業信用組合が淡路町の堺筋沿いに新本店ビルを建設!

 
th_IMG_0072_2017080323464869e.jpg
【スペック】
名称:(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事
所在地:大阪市中央区淡路町2丁目1−3(住居表示)
階数:地上18階、地下1階
高さ:77.9m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 :
主用途:事務所
総戸数:—–
敷地面積:1,134.39 m²
建築面積:656.49 m²
延床面積:11,327.75m² ※容積対象面積:9,858.65㎡
建築主:近畿産業信用組合
設計者:大成建設
施工者:大成建設、長谷工コーポレーションJV
着工:2017年03月(予定)
竣工:2019年01月(予定)

 

 


現地の様子です。前回の撮影が2017年12月頃だったので約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 

 


堺筋越しに見た様子です。鉄骨の組み立て(鉄骨建方)が進み、かなり高くなってきました。

 

 

 

 

 

 



最後は隣接するビルとの並びです。(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事が完成するとビジネス街である堺筋沿いが一層スタイリッシュな景観になりそうで楽しみです。

 

2 Comments

ひでゆき

堺筋界隈にはホテルの計画も多いので、今後さらに人が増えるでしょうから、できれば歩道を拡幅してほしいですね。

返信する
アリー my dear

おお!だんだん高くなってきましたね(^-^)♪
18階建てで高さも78mほどで、完成すると道路をはさんですぐとなりのビルと同じくらいの規模でしょうか。

大阪商工信用金庫本店ビルにつづく、大阪地盤の金融機関本店、イメージパースを見てもかっこいいデザインで竣工後が楽しみですねヾ(:3 ヾ∠)_

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。