MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)センタラグランドホテル大阪 難波中二丁目開発計画「A敷地」の状況 21.09【2023年3月竣工】


センタラ・ホテル&リゾート(本社:タイ バンコク)、大成建設、関電不動産開発の3社は、出資者間協定を締結し、特定目的会社(会社名:Centara Osaka特定目的会社)を設立のうえ、株式会社ニッピが所有する大阪市浪速区難波中二丁目の土地4,404.72m2を開発すると発表しました。Centara Osaka特定目的会社は、本開発にあたり、ニッピより土地を賃借する南海電気鉄道から同土地を2020年4月より転貸借する予定です。

【過去記事】
(仮称)センタラグランドホテル大阪の状況 20.03
(仮称)センタラグランドホテル大阪の状況 20.02
(仮称)センタラグランドホテル大阪の状況 19.12
(仮称)センタラグランドホテル大阪の状況 19.10
大阪・難波にタイの高級ホテル「センタラ・ホテル大阪(仮称)」が進出!高さ141mの超高層ホテルを建設

【出展元】
https://mobi.hotelnewsresource.com/?p=107371

 

 

 

 

計画概要



【スペック】
名称:(仮称)センタラグランドホテル大阪
計画名称:(仮称)難波中二丁目開発計画のうちA敷地計画
所在地:大阪市浪速区難波中二丁目20番2、21番1(地名地番)
階数:地上34階、塔屋1階、地下0階
高さ:141.56m
構造:RC造、S造
杭・基礎 :
主用途:ホテル・店舗
客室数:515室
敷地面積:4,404.72㎡
建築面積:3,580.51㎡
延床面積:39,175.30㎡(容積対象面積35,185.00㎡)
建築主:Centara Osaka 特定目的会社
設計者:大成建設
施工者:大成建設
着工:2020年04月(予定)
竣工:2023年03月(予定)

 

 



計画中の施設は、SRC造、S造の地上34階建て、高さ141.56m、延べ面積39,128.47m2の規模で、客室数515室の大型ホテルが建設されます。フィットネスセンター、多彩なレストラン、宴会施設等を整備し、センタラ・ホテル&リゾートが2023年半ばに日本初進出となるハイエンドホテルをオープンさせる予定です。開放感のあるロビーは、タイと日本の文化を融合した佇まいとし、国内外からの宿泊客を迎え入れます。また最上階には、会議・イベントのためのフレキシブルなレイアウトが可能なスペースに加えて、ラウンジ、360°大阪の景色を楽しむことができる屋上レストラン・スカイバーも計画しています

 

 

 

 



計画地はこちらです。ヤマダ電機LABI1なんばの東側、なんばパークスの南側に位置する土地で、いままでコインパーキングとして利用されてきました。今回の開発は敷地の北側半分約4400㎡に対して行われます。

 

2021年9月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年8月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 


北東側から見た様子です。ホテル用途に特化した高層タワーなので比較的スリムなタワーになりそうです。

 

 


北西側から見た様子です。周辺の超高層ビルと距離を取るために、タワーを敷地の東側に寄せた配置となっています。

 

 

 


ヤマダ電機との位置関係はこんな感じです。既存のペデストリアンデッキは路幅が約2倍に拡大されます。

 

 

 

 



既存のペデストリアンデッキは路幅が約2倍に拡大されます。現在はヤマダの前で狭くなりますが、手前の陸橋部分の広さで南端まで突っ切る感じになります。

 

 

 

 


南西側から見た様子です。低層部のヴォリューム感が凄い。かなり大規模な付帯施設を内包する本格的なホテルになりそうです。

 

 

 


南側から見た様子です。早くも外装カーテンウォールの取り付けが始まっていました!!

 

 

 



アップで見た様子です。有機的なデザインを創り出す立体的な造形が見て取れます。ガラス窓の反射率が高くとても青いのが印象的。W OSAKAとは全くテイストが異なりますが、センタラグランド大阪も格好いいタワーホテルになる予感がします。

 

 


最後は南西側から見た様子です。

 

 

2021年8月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年7月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

※今回の取材は全てスマホカメラで撮影しました

 

 



南側から見た様子です。ついに超高層となるタワー部分の鉄骨建方が始まりました!周辺の超高層ビルと最も距離を取った配置となっており、客室からの眺望を考慮した事が伺えます。

 

 

 


近くで見た様子です。ホテルの建物としては破格の規模だと思います。ホンマに凄い・・。

 

 

 


低層部の様子です。ヤマダ電機側に張り出した基壇部の形状が特徴的です。

 

 


アップで見た様子です。

 

 


最後は北西側から見た様子です。

 

 

2021年7月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2021年5月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 

 


この二ヶ月感で地上鉄骨建方がメチャクチャ進んでおり驚きました!鉄骨がモリモリ成長しています。

 

 

 


北西側から見た様子です。

 

 

 


ヤマダ電機との間の様子です。

 

 

 


建物の北側の様子です。エントランスロビーになる箇所は吹き抜けになっています。

 

 

 


北東側から見た様子です。

 

 

 


南側から見た様子です。

 

 

 


最後は南西側から見た様子です。基壇部の西側の形状が「弓矢の先」の様な形状をしていました。

 

1 2 3 4 5 6

6 COMMENTS

アリー my dear

おはようございます、本格的な成長段階にきましたね。

アリー my dear

先月はタワークレーンの隣でまだ掘削工事の段階だったのが、この一ヶ月で一気に鉄骨出現まで進んだのですね!これからの成長がほんと楽しみです(^.^)

アリー my dear

お待ちかねのタワークレーンが!これからの成長をじっくりと楽しみたいと思いました。

しろきちさん

センタラグランドホテル大阪の建設地の南側の駐車場(タイムズ難波中央)が5月末で閉鎖されたようです。

何かしらの動きがありそうで、非常に楽しみですね(*´∀`*)

福島区民

着工したようです。

センタラ・グランホテル大阪、酒奉納・地鎮祭
小規模な儀式で、センタラ初の日本ホテルの建設工事が始まりました。

https://www.eturbonews.com/571871/centara-grand-hotel-osaka-sake-dedication-and-ground-breaking-ceremony/

タイの大手ホテル運営会社であるセンタラホテルズ&リゾーツと大成建設、関電不動産開発は、34階建ての 「センタラグランドホテル大阪」 の建設を開始するにあたり、 「地鎮祭」 として知られる正式な地鎮祭と日本酒の奉納を行いました。セレモニーは先日、センタラ・グランドホテル大阪の近くにある難波神社の安全祈願祭で行われた。

日本の伝統によれば、新しい建築物を建てる前に地鎮祭を行い、土地を清め、地元の神々の加護を求めなければならない。神主が儀式を指揮し、新しい建設が計画されている土地に撒かれる主な要素の一つとして酒が使われます。この式典のために、3社それぞれの酒が特別に作られました。…..

じげ

政府の示すような新しい生活様式にのっとるような期間がどれほど続くのでしょうか…。長引くとインバウンドのウェイトが大きかった大阪にとっては大打撃ですね…。
早く元の世の中に戻ることを心から祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です