新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

近鉄京都駅改良工事 10.04


近鉄京都駅改良工事は、ホームと発着線を1面1線増設し、ホーム直上に宿泊特化型のホテルを建設する大規模改修工事です。総工費は約120億円、ホテルは2011年秋の開業予定です。前回取材したのが09年11月なので約5ヶ月振りの取材です。前回と比べるとホテル建物が大分い大きくなりました。


【過去記事】
→近鉄京都駅改良工事 09.11
→近鉄京都駅改良工事 09.08
→近鉄京都駅改修計画
■追跡取材リスト


        

ホーム上に建設されるホテルは宴会場を持たない宿泊特化型のホテルで料金は1泊1万円程度。周辺のビジネスホテルより高めに設定し、京都駅の南で近鉄が運営する新・都ホテルと棲み分けを狙う業態だそうです。規模は地上8階建て、客室数368室、東西長さ約170メートル、幅約10メートルの「国内のホテルでは例がない」細長い建物となります。このホテルが完成すると現在見えている新幹線ホームがすっかり隠れてしまいそうです。





        

西側はまだ建物が立ち上がっていません。規模の割に工事がゆっくりなのは営業運転をしながらの工事で難易度が高いからだと思います。





        

最後は京都タワー展望台から見た建設中のホテル。。。と思い展望台に登りましたが、やっぱり京都駅ビルに被って全然見えませんでいた(~_~;)
タワークレーンが少しだけ頭を出しているのが見えましたがちょっと悲しい。。。



3 COMMENTS

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>たろ さま。

おおっ、目の着けどころが、たろさんらしいですね。そうなんです、大阪都心の高層ビル群が見えるんです。これは意外な発見でした。

>文京移民 さま。
はい。幅が10mしかないので、本当に壁のように平べったくて横になが?いビルです。営業線の直上工事は大変ですよね。そう考えると大阪駅は大変な工事ですよね。。

文京移民

SECRET: 0
PASS:
こうして写真で見ると、本当に「長い!」と思いました。
完成したら一度、廊下を歩いてみたいものです。
きっと爽快な感じでしょうね。

営業線隣接工事はボルト一本落としても駄目な世界だからきっと大変なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です