新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

remm(レム)新大阪


新大阪阪急ビルは新大阪駅北側に建設されるオフィス、ホテルからなる駅ビルです。核テナントとなるホテルですが、阪急阪神ホテルズが展開中の新コンセプト 宿泊主体型ホテル「レム」 に決定しました。レムが入居する新大阪阪急ビルは述べ床面積3.5万平米と中規模の計画ですが、新大阪界隈に与えるインパクトは相当大きな計画だと思います。

【スペック】
1.名称:新大阪阪急ビル

2.工事着工日 2010年5月1日

3.開発計画の概要
所在地:大阪市淀川区宮原1丁目
敷地面積:約4,150?
構造規模:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)地上17階 地下なし
延床面積:約35,600?

4.施設構成
□ホテル  賃貸面積 約7,200? 客室数 296室、宿泊主体型ホテル「remm(レム)」がテナントとして入居
□オフィス 賃貸面積:約15,800?
□店舗   賃貸面積:約1,000? (物販・飲食・サービス)
□駐車場  76台(テナント用)
□その他  バスターミナル ほか

■追跡取材リスト
→イメージパースは阪急阪神ホールティングス株式会社 ニュースリリースより引用





        

新コンセプトホテル「レム」は、ホテルの基本機能である「快眠」をコンセプトとし、快眠にこだわったベッド、枕をそなえ、客室内の色使いも快眠をさそう色使いを指向しています。さらに大きな特徴として、大多数の部屋から利用頻度が低い「バスタブ」を廃止、シャワーブースのみとした事です。バスタブを廃止する事で客室内のレイアウトを大きく見直す事が可能になり、その結果、機能的でデザイン性に優れた客室を比較的低価格で提供しています。レムは東京先行で展開中で、日比谷に2007年11月秋葉原は2008年4月にオープンしています。

【ホテル概要】
12階 ホテルロビー及び客室、13?17階 ホテル客室
客室構成:総数296室 シングル255室(14.4?)、ツイン41室(23.7?)




        

こちらは新大阪阪急ビルのエントランスレベルのレイアウト図です。「新大阪阪急ビル」は、2階レベルで地下鉄御堂筋線新大阪駅コンコースと、3階レベルでJR新大阪駅コンコースおよび新御堂筋歩道デッキと接続する予定で、駅からのアクセスは最高です。




        

5月1日に着工される新大阪阪急ビル。場末感が漂っていた建設地周辺はこのビルの建設で一変する事でしょう。個人的にはホテルの高層階から梅田方面の夜景を見てみたい、と思っていて開業をとても楽しみにしています。



2 Comments

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>Unknown さま。
はい、本当に楽しみです。出張で新横浜駅を通るたびに「新大阪駅もがんばって!」と思っていたので、この駅ビル建設とコンコースのリニューアルは期待が大きいです。

Unknown

SECRET: 0
PASS:
高さもそれほどないですが、場所的にかなり新大阪周辺の雰囲気が変わりそうでうれしいですね!実家に帰るたびに新大阪使うんですが、もうちょっとパッとしてもいいかなと思ってたので駅のリニューアル含めて非常に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です