【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

からくさホテルグランデ新大阪タワーはShimz Smart Siteを適用し一部をロボットが施工する最新工法の実験場!


(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premier、計画名称(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画は、新大阪駅北西側の高層ビルが立ち並ぶビジネスエリア、淀川区宮原三丁目に計画されている超高層ホテル計画です。新しいビルは地上24階建て、高さ97m、延床約18,000㎡の規模。建築主はSGリアルティ 、客室数は398室となっています。また、ホテル名称は「からくさホテルグランデ新大阪タワー」に決定しました。

※アリー my dear さんから情報をいただきました、ありがとうございました!

【出典元】
清水建設>新大阪で施工中の高層ホテルの一部をロボット施工へ
SGリアルティ株式会社>新大阪におけるホテル共同事業について(PDF)
新大阪で2019年11月末開業予定のホテル名称決定 からくさホテルグランデ新大阪タワー

【過去記事】
からくさホテルグランデ新大阪タワー(karaksa hotel grande Shin-Osaka TowerSGリアルティが建設中のホテル名称が決定!
SGリアルティが計画している(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premierの建設状況 18.07
SGリアルティが計画している(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premierの建設状況 18.05
SGリアルティが計画している(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premierの建設状況 18.03
SGリアルティが計画している(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premierの建設状況 17.10
(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画の状況 17.07
(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画の状況 17.01


 

 

 

th_IMG_1150_20170205214016954.jpg

【スペック】
名称:(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premier
計画名称:(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画
所在地大阪市淀川区宮原三丁目3番9、3番10、3番11、3番12
階数:地上24階、塔屋1階、地下2階
高さ:97.00m
構造鉄骨造
杭・基礎 
主用途:ホテル
客室数:——
敷地面積:2,080.24㎡
建築面積:1,200㎡
延床面積:18,500㎡(容積対象面積16,000㎡)
建築主SGリアルティ
設計者清水建設
施工者清水建設
着工:2017年05月
竣工2019年05月(予定)

 

 

 

 

 

清水建設のShimz Smart Site」を採用した注目の工事現場

 


Shimz Smart Siteは、Exterと自律型の各種施工ロボットから構成される建築工事向けの生産システムです。Exterは水平方向に伸縮する新開発のブームを備えたタワークレーンで、建物の頂部をすっぽり覆う全天候カバー内で効率よく稼働できる仕組みになっています。

全天候カバーは、風雨や直射日光を遮る役割を果たすことから、作業環境の改善や生産性の向上に寄与します。以前から建物を全天候カバーで覆う施工・解体工法はありましたが、揚重機として採用する天井クレーンのレイアウトを建物の平面形状に合わせたり、クレーンの荷重を受ける建物の構造体を補強するのためのコストが普及のネックになっていました。

 

 

 

新型タワークレーン「Exter(エクスター)」

 





清水建設が開発した新型タワークレーン「Exter(エクスター)」です。エクスターは、世界初の水平スライドクレーンで、水平方向に伸縮するブームにより作業半径を自由に調整する事が出来ます。タワークレーンの一大特徴であるブーム(ジブ)を伸縮させる事が可能で、作業終了後はご覧のとおり、コンパクトに収納する事が出来ます。

 

 

 

からくさホテルグランデ新大阪タワーの工事現場で活躍するロボットたち

 


Robo-Carrier(水平搬送ロボット)。自分で資材を積み込みルートを選んで運びます

 

 

 

 

 


Robo-Welder(鉄骨柱溶接ロボット)。コラム柱を2台のロボットが対象に動いて溶接します。

 

 

 

 

 


Robo-Buddy(多能工ロボット)。天井工事、床工事などを受け持ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各ロボットが稼働する工事現場は最新工法の実験場

 



 

現地の様子です。Shimz Smart Siteの適用現場では、施工中の建物の頂部が「全天候カバー」ですっぽり覆われ、その中で各ロボットが稼働し、新型クレーン「Exter」が鉄骨柱をはじめとする資材をカバー内に吊り込みます。

 

 

 

 

 

 


この工事現場では8階部分の鉄骨建方が終了する9月初旬頃に、幅30m、奥行き40m、高さ40mの全天候カバーが設置されました。Exterは4月から揚重作業を開始。Robo-Welderは9月中旬から12月にかけて3台稼働し、9~24階の鉄骨柱を3本/日のペースで溶接していきます。Robo-Carrierは9月下旬から翌年2月まで、荷取場の1階と搬送先階で計2台稼働。1階では荷取場で各種資材を載せたパレットを受け取り垂直搬送ELV内に仮置き、施工階ではELVからパレットを受け取り所定の荷置場に搬送します。「Robo-Buddy」は12月下旬から翌年2月まで稼働し、吊り天井の一部を施工します。

 

 

 

 

 

 

 

 


北西側から見た様子です。「全天候カバー」の開口部から新型クレーン「Exter」の姿が見えます。

 

 

 

 

 

 


ぱっとみて全天候カバーにおおわれ、タワークレーンがほとんど見えない超高層ビルの建設現場は異様な光景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


建設工事が進むからくさホテルグランデ新大阪タワー。清水建設の最新技術を結集した、新技術の実験場の様な最先端の工事現場です。同社は、これらのロボットを来年から首都圏の大規模現場に水平展開し、ロボット開発を推進しロボット適用工種の拡大を図る考えです。

 

 

1 Comment

アリー my dear

この建設工事の様子を見ていると…どこか昔の『ホテルプラザ』の現場を思い出しますねえ。もっともそちらは解体工事でしたけれど。
ぱっと見、建物を覆う物体があるからどうしてもそう見えてしまうのですよね( ^ω^; )それにしても建設工事の技術も進化したものだと実感します(´-`).。oO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。