【再都市化ナレッジデータベース】

【祝開業】おおさか東線全線開業ー城北公園通駅(駅舎外観〜コンコース編)


おおさか東線北区間は、城東貨物線の施設や用地を活用しながら複線化・電化を行い、新大阪駅から大阪東部地域を経て大和路線の久宝寺駅にいたる旅客線を整備する貨物線の旅客化工事です。2008年3月に放出から久宝寺までの南区間(9.2㎞)が先行開業しました。残る北区間11.1㎞の工事が行われてきましたが、2019年3月16日、ついに新大阪〜久宝寺間(11.1㎞)が開通し、全区間20.3kmの外環状線が開通しました!

 
おおさか東線北区間のルート図です。今回開業したのは新大阪駅〜放出駅間11.1kmで、途中に南吹田、JR淡路、城北公園通、JR野江、鴫野駅が設置されました。
 

 

 

 

開業特集の4駅目「城北公園通駅」。今回は駅舎外観〜コンコース編です。

 

きっぷ売り場付近の様子です他の駅と同じく、券売機で入場券を買い求める人で混雑していました。

 

改札外コンコーある装飾された柱。駅のテーマカラーのブルーで彩られていました。

 

駅構内設置された与謝蕪村像です。駅西側の都島区は与謝蕪村の生誕地であることから、都島区側の出口(西口)は「蕪村口」、駅スタンプや柱に「蕪村生誕の地」が刻まれ、駅構内に蕪村像が設置されました。

 

改札口付近の様子です。

 

改札内の発車標の様子です。

 

改札内から改札口側を見た様子です。

 

改札内コンコースの様子です。

 

奥にある階段、エレベーター、トイレ付近の様子です。

 

最後は改札階につながるエスカレーターの様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です