【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

モバイルICOCA(仮称)の導入は2023年春頃の予定!導入時期と実装される機能について公式からのアナウンスが待たれる

 



JR西日本は2020年10月16日付けのニュースリリースで、利用者のスマートフォンでICカード乗車券「ICOCA」の機能が利用できるい「モバイルICOCA(仮称)」のサービスを、2023年春(予定)に開始すると発表しました。

現在の所、モバイルICOCAがいつ頃導入されるのかは不明なままが、計画が予定通り進めば、今年の春頃からおサイフケータイ等のモバイル機器をICOCAとして使用出来る様になります。ちなみに、当時のニュースリリースで導入が示唆された機能は下記の通りです。

 


・定期券の購入や払いもどし、チャージがスマホアプリの操作により 場所を問わず可能に
・自動改札機や店舗での支払いでICOCAカードと同様にスマホをタッチするだけで利用可能
・チャージ残額、利用履歴などが、スマートフォン画面上で確認できる
・定期券の購入やチャージの代金は登録したクレジットカード払い

・東海道・山陽新幹線の「スマートEX」、北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」の 交通系ICカードとしてモバイルICOCA(仮称)を登録する事で、新幹線の予約、支払いから乗車まで、スマートフォン1台で利用可能になる
・MaaSアプリ「WESTER」「setowa」と連携して、スマートフォンの機能を生かした、利用者の移動や生活、観光を便利に利用できるサービスを検討

 

出展:「モバイル ICOCA(仮称)」の導入計画について

 



モバイルICOCAは、おサイフケータイ機能に対応したスマホやAppleウォッチでの利用が考えられ、モバイルSuicaで、実現しているオートチャージ(チャージ残高が一定額以下の場合に設定した額を自動的にチャージする機能)も実装されると思います。

ICOCAの発行枚数は、2021年10月時点で2,500万枚を突破しており、モバイルICOCAが導入されれば、かなりのユーザーが移行すると予想されます。また東海道・山陽新幹線の「スマートEX」、北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」との連携でスマホ1台で最寄り駅から遠隔地までの利用が完結出来るのでれば、利便性が大幅に向上する事になります。スマートICOCAの導入時期と実装される機能について、公式からのアナウンスが待ち遠しいですね!

6 COMMENTS

o-kinix

JR西日本の英断でJR西日本エリアでも
PiTaPaのポストペイが使えるようになったのは本当に感謝してます

ICOCAもポストペイに対応すればいいのにと思うのですが
何か大人の事情でできないのでしょうかね(笑)

aho

定期はペラペラ定期派だし、IDとクイペがあればチャージがめんどい交通系は無くてもいい。
駅の自販機と茶店で現金出すの面倒だからスイカ使ってるけどスイカで十分です。

H

Suicaアプリの度重なるチャージエラーが酷過ぎてストレスが凄かったけども選択肢がなかったので渋々使っていました。
ICOCAアプリのリリースが本当に待ち遠しい。
やっとSuicaとおさらばできる。

サジャ

嬉しいですね。一応モバイルスイカを入れてますが、モバイルイコカが実装されたら様子を見て不具合が無かったら移行させるつもりです。

ふる

SuicaがiPhoneで使えるようになってからずっと待ってます。
まだかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。