新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

中部国際空港セントレアのLCC向け第2ターミナル(T2)が供用開始!



中部国際空港セントレアは、2019年9月20日(金)から「第2ターミナル(T2)」の供用を開始しました。T2は、LCC向けに建設された新ターミナルでセントレア就航LCC11社のうち、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパン、 チェジュ航空、ティーウェイ航空、エアプサンの5社が利用します。

【出展元】
中部国際空港セントレアLCC向け第2ターミナルが供用開始

 

中部国際空港(セントレア)にLCC専用ターミナルの建設が決定!2017年度下期にも着工、2019年上期の開業を目指す



 

 

 

 



T2は、地上2階建て、本館・サテライトの2棟構成で延べ床面積は約45,000㎡。合計10スポット/14ゲートを備えており、年間450万人の旅客に対応できます。

 

 

 



第2ターミナルは第1ターミナルの南側、B787の実機を展示している「フライトオブドリーム」を通り抜けた奥に位置しています。中部国際空港駅がある「アクセスプラザ」から約550m離れており、立体駐車場前の動く歩道を利用して徒歩7分ほどかかります。

 

 

FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)施設編



 

 

 

 



第2ターミナルは、1階が到着、2階が出発と分けられています。ユニークな点として、空港施設が国際線・国内線で変更可能な構造になっている事です。チェックインカウンターや保安検査場、搭乗ゲートは、国際線・国内線のどちらにも使えることができ、ピークに合わせ変更できます。限られた施設を最大限に利用する工夫が施されています。

 

 

現地の様子

現地の様子です。LCC向けターミナルなので簡素な造りです。

近くで見た様子です。1Fから2Fに繋がるスロープがメチャクチャ長いです。

2Fエントランス付近の様子です。

内部の様子です。出発ロビーは長方形で左右にチェックインカウンを配しています。センター通路は滑走路をイメージています。

天井付近にの様子です。「X」型のLED照明が目を引きました。

チェックインカウンタはこんな感じです。

反対側から見た様子です。

セルフチェックイン機の様子です。

出発ロビーの突き当たりはこんな感じです。

エアプサンのチェックインカウンタ。

ジェットスターのチェックインカウンタ。

第2ターミナルは飲食店など商業施設は、ほとんどありません。隣接する「フライト・オブ・ドリームズ」を利用して下さい、といった感じでした。


オープンしたセントレアの第2ターミナル。関西空港のT2に比べると半分程度の規模だと感じました。セキュリティエリア内は取材出来なかったので、実際に利用すると印象が変わるかもしれませんね。

1 COMMENT

なじむはむじな

とにかく移動距離が長過ぎる❢
出発前に、飛行機に乗る前に疲れる…
身体の不自由な方やちょっと遅れてきた方などを待つと簡単に出発が遅れてしまう…
帰って来て飛行機から降りてからも更に出口までが長い…
ひたすら窓もないトンネルの様な通路を歩かなければイケない…
フィールドオブドリームスを過ぎてからやっと動く歩道が使える始末‥
お年寄りやお子様連れなどは大変だと思う
要改善を求めます
例えば発着時だけでも何便か連絡バスを走らせるとか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です