【再都市化ナレッジデータベース】

地下街や車両の廃材を再利用して制作されたアート作品「いのちの木」が凄い!


「いのちの木」

この作品は「ホワイティうめだ」とOsaka Metroの廃材を再利用して制作されました。昔から親しまれてきた地下街や車両の廃材が新しく大きな木や動物たちに生まれ変わりました。金属廃材の動物や新聞や雑誌を用いた人物作品などを制作、発表している富田菜摘さんの作品です。

 

 

 

このオブジェは泉の広場の北側にある飲食店街「NOMOKA」の一番奥に設置されています。

 

 

 

 

 

潜水夫とサル?

 

 

 

作品に鏤められているパーツを見つける度に「ニヤニヤ」が止まりませんでした。以下、作品をアップでご紹介します。

 

 

 

 

 

いろいろヤバいですね。地下鉄ファンはメチャクチャ楽しめると思います。

 

 

 

 

 

 

廃材を利用したアート作品「いのちの木」。泉の広場のウォーターツリーに負けない、素晴らしいランドマークなので、現地を訪れた時に是非見てみて下さい!

1 COMMENT

ぽり

作品の出来栄えとは別に、取り付け下地が不燃仕様ではない普通の構造合板だから消防法違反、建築基準法違反、地下街店舗の内装制限、連続式店舗に於ける火災対策違反ででアカンでぇ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です