新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

北海道ボールパーク近くに新駅設置へ!JR北海道が新駅の整備案を発表


JR北海道は、2019年12月11付けのニュースリリースで、北海道日本ハムが北広島市内に整備するボールパーク(BP)に隣接する新駅の整備案を北広島市に提示しました。設置を求めていた同市は受け入れる方針で新駅の設置は確実となりました。総工費は80億~90億円の見込みです。ただ、2023年のBP開業には間に合わず、JRは当面、北広島駅の改修で対応する事になります。

 

【出展元】
北海道ボールパーク(仮称)開業に伴う新駅案の検討状況と北広島駅の改修計画について

【2023年開業予定】「北海道ボールパーク」日本ハムの新球場の最新のイメージパースが公開される!



 

 

 

 

新駅はJR千歳線の北広島駅と上野幌駅の間に設置されます。北広島市は地元が原則費用負担する「請願駅」として新駅設置をJRに要望、市は最大70億円の負担を想定しています。今後は費用負担のあり方などが協議されます。

 

 

 

 

新駅は1面2線+通過線2線でホーム長は10両対応。千歳方面に引き上げ線が設けられます。札幌市と新千歳空港を結ぶ「快速エアポート」は新駅に停車しません。

 

 

 

 

新駅は年間に50試合程度開催するプロ野球の観戦客の利用が中心となります。新駅設置後は、ボールパークの来場者の内、鉄道利用者が1万3500人、4割が北広島駅、6割が新駅を利用すると見込んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です