MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

レ・ジェイド北海道ボールパーク 物件購入者には引渡しから10年間の新球場のフリーパスを付与!



日本エスコンは2021年8月17日付のニュースリリースで、分譲マンション「レ・ジェイド北海道ボールパーク」を一般公開しました。北海道での新築分譲マンションの供給は同社初となります。

レ・ジェイド北海道ボールパークは、2023年の開業に向け開発が進められている新球場「ESCON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールドHOKKAIDO)」を核とする「Fビレッジ」内に立地。スタジアムに隣接したマンションとなります。

【出展元】
北海道における第 1 弾新規分譲マンション「レ・ジェイド北海道ボールパーク」 一般公開のお知らせ

 

 



日本エスコンは敷地内での不動産開発を手掛け、まちづくりに参画し新球場に係るネーミングライツを取得。2021年3月にはJR北広島駅周辺市有地における『駅西口周辺エリア活性化事業』について北広島市とパートナー協定を締結しています。

 

 



建物はRC造、一部S造、地上14階建て、建築面積:約1,868㎡、延床面積:約14,760㎡。外観はシンボル性を高める2つの高層レジデンスで構成。Fビレッジ全体の環境との調和をとりながらもランドマークとなるようなデザインとしています。

 



屋上にはFビレッジを見渡せる共用テラスを設置し、新球場や北海道の原生林等を眺めることができます。

 



また、1階には自然素材を使い暖炉を囲みながらくつろげる「ウォームリビング」やリモートワーク時に利用できる「コワーキングスペース」等の共用施設を用意しています。さらに物件購入者には、引渡しから10年間の球場のフリーパスを付与する予定です。

 



総戸数118戸で間取りは1LDK~3LDK。専有面積は約43~137㎡。全20プランを用意し多彩なライフスタイルに対応します。竣工は2023年3月上旬、入居開始は同月下旬を予定しています。

 

 

北海道ボールパークFビレッジ「エスコン フィールド北海道」建設工事の状況 21.07【2023年春オープン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です