【再都市化ナレッジデータベース】

「ふふ 奈良」隈研吾氏 建築デザインのスモールラグジュアリーホテルが奈良公園内にオープン!


奈良公園内に、新しいスモールラグジュアリーリゾート「ふふ 奈良」が、202065()にオープンします。「ふふ」はカトープレジャーグループが展開しているスモールラグジュアリーホテルで、「熱海 ふふ」「ふふ 河口湖」が開業しており、続いて「ふふ奈良」(6月)「ふふ日光」(7月)が2020年にオープン予定となっています。

【出展元】
カトープレジャーグループ
ふふ奈良

 

 

ホテルの建築デザインは、その土地の文化に溶け込む建築を目指す世界的建築家・隈研吾氏が担当しました。ホテルには古都奈良の景観を継承する大和張り、奈良格子、連子格子を設えたほか、奈良を代表するブランド吉野杉をふんだんに使用。建物の随所から、奈良の魅力を感じ取ることが出来ます。

 

 

 

 


客室の広々としたリビングは、かつて集いの場としていた縁側の過ごし方を現代に再解釈したモノです。掘り込みのリビングの部屋の段差は、快適なソファや昼寝の布団、座卓としても楽しむことが可能。古来から床に座る、日本の伝統的なスタイルで過ごすのも良し。懐かしさと新しさをミックスした、居心地の良い空間に仕上がっています。

 

 

さらに全室には、疲れた体をじんわりと癒してくれるプライべートの客室露天風呂を用意。庭園の自然豊かな空気を味わいながら、薬草を使用したこだわりの湯につかることができます。

 

 

 

ホテル不足、特に富裕層が宿泊する「ラグジュアリーホテル」が極端に不足している奈良に、待望のスモールラグジュアリーホテルが誕生します。客室数は僅か30室ですが、想定される客単価は8万〜10万円以上で、普通のビジネスホテルの10倍以上となっており、ビジネスホテルなら300室以上に相当する経済効果が見込めます。少ない客数で大きな経済効果が見込めるスモールラグジュアリーホテルは、世界的観光地の奈良にこそ必要なホテルだと思います。

 

「ふふ 奈良」オープン

オープン日:2020年6月5日(金)}
予約開始:2019年12月1日(日)~
住所:奈良県奈良市高畑町1184-1
TEL:0557-52-6606
客室数:30室(内、VIPルームは2室)
部屋タイプ:5タイプ
付帯施設:レストラン、 SPA、 BAR、 スーベニール
料金:1212 77,000円~(税サ込・入湯税別)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です