新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

オープンした奈良公園バスターミナルの西棟と屋上庭園の様子


奈良公園バスターミナル』、奈良県庁の東側隣接地に設けられるバスターミナルを主体とした賑わい施設で2019年4月13日にオープンしました。奈良公園周辺の交通渋滞の緩和、周遊環境の向上を目的としており、観光バスの待ち時間や休憩時間を快適に過ごせるよう、アメニティの充実を図るとともに、奈良公園や周辺地域の歴史・文化を体験学習できる機能をもたせた複合施設となっています。

【出典元】
『(仮称)登大路バスターミナル』の正式名称及びオープン日時を決定しました

 

 

 

 
 

特集4回目の今回は西棟と屋上庭園の様子をご紹介して行きます。

 

 

 

 

東棟と西棟は写真左側の連絡通路で結ばれています。

 

 

 

 

西棟は東棟に比べると規模が小さいです。

 

 

 

 

西棟2階にあるレンタル衣装のお店です。

 

 

 

 

西棟1階の様子です。

 

 

 

 

1階にあるお茶屋さんの様子です。

 

 

 

 

続いては屋上庭園の様子です。

 

 

 

 

屋上は天然芝が敷かれており、中々居心地が良いです。

 

 

 

 

西棟と東棟(写真奥)を結ぶ連絡通路の屋上です。

 

 

 

 

奥には東大寺大仏殿が見えます。

 

 

 

 

連絡通路を別の角度から見た様子です。この通路、よく見ると途中に支柱がありません。

 

 

 

 

最後は北側から見た屋上庭園の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です