【再都市化ナレッジデータベース】

W OSAKA(W大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに建設中のWホテルの状況 20.01【2020年10月竣工】



マリオット・インターナショナルと積水ハウスは2018年1月10日付のプレスリリースで、大阪・御堂筋沿いに最高級ホテル「W OSAKA(ダブリュー オオサカ)」を2021年2月に開業すると発表しました。W OSAKAは地上 31 階・地下 1 高さ117.34mの超高層ビルで、客室数はスイート50室を含めて337室を予定。事業主は積水ハウス、ホテルオペレーターはマリオット・インターナショナル、建築施工は竹中工務店が担当します。

【出典元】
「Wホテル」日本上陸~「W OSAKA」が 2021 年、大阪に誕生(PDF)
→毎日新聞>御堂筋に「W大阪」開業 積水ハウスなど{

【過去記事】
W OSAKAW大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに建設中のWホテルの状況 19.11
W OSAKAW大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに建設中のWホテルの状況 19.09
W OSAKAW大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに建設中のWホテルの状況 19.08
W OSAKAW大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに建設中のWホテルの状況 19.05
W OSAKAW大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに建設中のWホテルの状況 19.03
W OSAKAW大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに建設中のWホテルの状況 19.02
W OSAKAW大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに建設中のWホテルの状況 18.12
W OSAKAW大阪   マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに計画している日本初のWホテルの状況18.11
W OSAKAW大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに計画している日本初のWホテルの状況  18.07
W OSAKAW大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに計画している日本初のWホテルの状況 18.06
W OSAKAW大阪)の外観イメージは海外のビルの様なクールなデザイン!安藤忠雄氏が設計顧問を担当!
「Wホテル(ダブリュー・ホテル )」が大阪・御堂筋沿いに進出!積水ハウスが御堂筋沿いに建設する超高層ビルに「Wホテル」が日本初出店!

 

 

 


【スペック】
名称:W OSAKA
計画名称:(仮称)心斎橋ホテル計画
所在地大阪市中央区南船場4丁目25番11 他22筆
階数:地上31階、地下1階
高さ:117.34m
構造鉄骨造
杭・基礎 :
主用途: ホテル
客室数:337室
敷地面積:2,544.46㎡
建築面積:2,008.82㎡
延床面積:35,887.97㎡ ※容積対象床面積32,515.07㎡
建築主:積水ハウス(ホテル運営:マリオット・インターナショナル 
設計者:日建設計(設計顧問:安藤忠雄 
施工者:竹中工務店
着工:2018年10月(予定)
竣工:2020年10月(予定)

 

2020年1月の様子


今回の取材はルイ・ヴィトン大阪御堂筋を撮影している時に、ビルオタ仲間の@関西人さんに声を掛けられ驚きました!全く待ち合わせや連絡を取ってない中で、あの時間にあの場所で出会えるのはもの凄い確率で本当に驚きました。その後は2人で数カ所を取材しながら情報交換を行い、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

◆陽は西から昇る! 関西のプロジェクト探訪

 

 

 

 

現地の様子です。前回の撮影が2019年12月だったので、約1ヶ月振りの取材です。棟屋の構築が行われており、すでに最高部まで到達していました。

 

 

 

 

西側から見た様子です。

 

 

 

 

南西側から見た様子です。

 

 

 

 

開いたゲートから見た内部の様子です。

 

 

 

 


最後は西側から見上げた様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です