【再都市化ナレッジデータベース】

【再開発の卵】日本経済新聞社大手前別館解体工事の状況 20.03


大阪市中央区大手前1丁目の京阪天満橋駅近くにある日本経済新聞大手前別館の解体工事が始まりました。敷地面積は約4000㎡で、解体工事は清水建設が担当、工期は201912月~20215月の予定です。

 

 

 

 

th_P1160917.jpg

日本経済新聞社は2015年5月に大阪本社を高麗橋に新築した「日本経済新聞社大阪本社ビル」に移転しています。

 

日本経済新聞社大阪本社ビル(仮称)の建設状況(高麗橋地区計画) 15.03



 

 

 



現地の様子です。長い間、印刷工場を残して空きビル状態が続いていましたが、ついに解体工事が始まり再開発に向けた動きが出てきました。

 

 

 

 


東側から見た様子です。

 

 

 

 


南側から見た様子です。

 

 

 

 



最後は北側空見た現地の様子です。日本経済新聞社大手前別館の敷地面積は約4000平米ほどあるので、大型の再開発を期待したい所です。

1 COMMENT

コキカン

初めてコメントを書かせて頂きます。

旧日本経済新聞社大手前別館の解体作業が終わった後の再開発がどうなるのかは、確かに気になります。

特に、現社屋が隣接する、テレビ大阪の新社屋まで建設されるのかどうかが一番ですね。

テレビ大阪の現社屋も建設から結構、経っているので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です