【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)東急ステイ大阪本町・ブランズ大阪本町の建設状況 20.01


東急不動産と東急ステイは、2018年02月27日付けのニュースリリースで、大阪市中央区久太郎町で都心居住の新しいカタチを目指すホテルとマンションの複合開発「久太郎町プロジェクト」に着手したと発表しました。計画地は、堺筋本町のイトキン大阪本社ビル跡で、旧ビルを東急不動産が2017年3月半ばに取得、ホテルとマンションからなる複合施設を計画していましたがニュースリリースで詳細が明らかになりました。敷地面積は1,650㎡で、敷地を南北半々に分け、北側にホテル、南側にマンションが建設されます。

【出典元】
東急不動産ホールディングスグループ:「久太郎町プロジェクト」始動(PDF)

【過去記事】
(仮称)東急ステイ大阪本町・ブランズ大阪本町の建設状況 19.12
(仮称)東急ステイ大阪本町・ブランズ大阪本町の建設状況 19.10
(仮称)東急ステイ大阪本町・ブランズ大阪本町の建設状況 19.09
(仮称)東急ステイ大阪本町・ブランズ大阪本町の建設状況 19.07
(仮称)東急ステイ大阪本町・ブランズ大阪本町の建設状況 19.05
(仮称)東急ステイ大阪本町・ブランズ大阪本町の建設状況 19.03
東急ステイが大阪初進出!旧イトキン大阪本社ビル跡の再開発「久太郎町プロジェクト」の状況18.11
東急ステイが大阪初進出!旧イトキン大阪本社ビル跡の再開発「久太郎町プロジェクト」の状況 18.08
東急ステイが大阪初進出!旧イトキン大阪本社ビル跡の再開発「久太郎町プロジェクト」の状況18.06
東急ステイが大阪初進出!旧イトキン大阪本社ビル跡の再開発「久太郎町プロジェクト」の状況 18.04
東急ステイが大阪初進出!旧イトキン大阪本社ビル跡の再開発「久太郎町プロジェクト」の状況 18.02
東急不動産が取得した、旧イトキン大阪本社ビルの解体工事の状況 17.10

 

 


【スペック】
計画名称:(仮称)大阪市中央区久太郎町ホテル新築工事
所在地大阪市中央区久太郎町2-24-1(地名地番)
階数:地上18 、地下
高さ:59.95m
構造鉄骨造
杭・基礎 :
主用途:ホテル
客室数:259室(予定)
敷地面積:826.02 
建築面積:535.68 
延床面積:8997.48 
建築主:東急不動産
設計者:不二建設
施工者:不二建設
着工:201805
竣工:201912月(予定)

 



【スペック】
計画名称:(仮称)大阪市中央区久太郎町2丁目マンション新築工事
所在地大阪市中央区久太郎町2-24-3(地名地番)
階数:地上15 、地下
高さ:44.45m
構造鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅
客室数:98戸
敷地面積:826.02 
建築面積:430.41 
延床面積:721.02 
建築主:東急不動産
設計者:不二建設
施工者:不二建設
着工:201802
竣工:202003月(予定)

 

2020年1月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年12月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 

ホテル棟の低層部の様子です。外構工事が終わりオープンを待つばかりとなりました。東急ステイ大阪本町のオープン日は2020年2月27日の予定です。

 

 

 

エントランス付近の様子です。レトロ感のあるタイルが洒落ています。

 

 

 

ホテル棟を南西側から見上げた様子です。

 

 

 

 

レジデンス棟、ブランズ大阪本町の様子です。

 

 

 

 

こちらも外構工事が進んでおり、完成一歩手前となっています。ブランズ大阪本町は2020年3月下旬ごろ入居開始予定です。

 

 

 

 


最後は2棟を見上げた様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です