【再都市化ナレッジデータベース】

ヒルトン広島が2月1日に着工。高さ94.5m、客室数420室で2022年に開業!


せとうちDMOを構成する瀬戸内ブランドコーポレーションとヒルトンは、富士見町開発合同会社が「ヒルトン広島」の起工式を2020年1月29日に執り行い、20202月1日に着工すると発表しました。「ヒルトン広島」は、世界遺産「原爆ドーム」や広島市中心部の繁華街から徒歩圏内に位置。地上22階建て、420室の客室の規模レストランやバー、スパ、屋内プールなどに加えて、国際会議の開催が可能な約1,300㎡の会議施設を備え、観光振興及びビジネス利用の需要も取り込む計画で、2022年の開業予定です。

「ヒルトン広島」は、富士見町開発合同会社とヒルトンは、2018年に運営委託契約の締結を締結しました。また、瀬戸内ブランドコーポレーションは、ホテル建設にあたり、せとうち観光パートナーズが管理運営する「せとうち観光活性化ファンド」を通じて、富士見町開発合同会社に対する資金支援を行っています。

【出展元】
富士見町開発合同会社とヒルトン、2022年の開業に向け「ヒルトン広島」を21日より着工

 

 

【スペック】
名称:
ヒルトン広島
計画名称:
(仮称)広島市中区富士見町地区フルサ―ビスホテル建設工事
所在地:
広島市中区富士見町11-4、11-5、11-14、11-15、11-18(地番)
階数:
地上22階
高さ:
94.5m
構造:鉄骨造
杭・基礎 :
主用途:
ホテル、コンベンションホール
客室数:
420 室
敷地面積:
6,403㎡
建築面積:
延床面積:
48,050 ㎡
建築主:
富士見町開発合同会社
設計者:
浅井謙建築研究所
施工者:
五洋建設・増岡組 特定共同企業体
着工:
2020年2月
竣工:
2022年 4月(予定)
開業:20233月頃予定

 

 

 

客室の完成イメージです。細部までデザインされた室内が描かれており期待が高まります。

 

 

 

ロビーの完成イメージです。客室のデザインと統一感のあるデザインが描かれています。

 

 

 

コンベンションホールの完成イメージです。

広島市は、他の地方中枢都市に比べ国際的知名度は高い一方、大規模な会議場やホテル数が不足しているため、国際会議の誘致件数などが少ないという課題がありました。ヒルトン広島の開業により、現在不足しているハイグレードな客室や国際会議を開催できるスペースができ、宿泊観光、国際会議の増加や、さらなる投資を呼び込む好循環をつくりだすきっかけになることが期待されています。

1 COMMENT

アリー my dear

広島では、シェラトンに続く外資系ホテルですね(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です