【再都市化ナレッジデータベース】

グランドメゾン上町台レジデンスタワー建設工事の状況 20.08【2020年10月竣工】



グランドメゾン上町台レジデンスタワーは、UR内久宝寺団地跡地の再開発で積水ハウスと三菱地所レジデンスが地上36階、高さ132mのタワーマンションが計画です。計画名称は(仮称)大阪市中央区内久宝寺町4丁目計画。積水ハウスは、近くの内久宝寺町二丁目にもグランドメゾン上町台 ザ・タワー(地上40階、高さ130m)を進めており、この界隈に2棟の積水ハウス系のタワーマンションが新たに建設される事になりました。

【公式HP】
グランドメゾン上町台レジデンスタワー

 

 



公式HPからお借りした完成予想パースです。グランドメゾン上町台レジデンスタワーは南北軸に対して45度傾けたレイアウトで建設されています。これは公開敷地を広く取る、真北、真南向きの部屋を無くし多面採光が得られる、といった効果を狙っています。

 



【物件概要】
名称:グランドメゾン上町台レジデンスタワー
計画名称:(仮称)大阪市中央区内久宝寺町4丁目計画
所在地大阪市中央区内久宝寺町四丁目62番 他3筆
階数:地上36階、地下2階
高さ:131.494m、軒高121.944m
構造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅(分譲)、駐車場、駐輪場
総戸数:287戸
敷地面積:3,329.56㎡
建築面積:1,621.40㎡
延床面積:32,224.16㎡(容積対象面積23,279.96㎡)
建築主積水ハウス、三菱地所レジデンス
設計者熊谷組
施工者熊谷組
着工:2018年01月
竣工:2020年10月(予定)
入居:2021年01月(予定)

 

所在地大阪市中央区内久宝寺町四丁目62番 他3筆

 

2020年8月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年5月だったので、約3ヶ月振りの取材です。

 

 


東側から見た様子です。タワークレーンは姿を消しており外観は完成状態になりました!

 

 


東側から見た様子です。中々ハンサムなタワーに仕上がっています。

 

 

 


公開敷地の様子です。

 

 


取材時には植栽が行われていました。

 

 

 



2017年7月から追跡取材を続けてきましたグランドメゾン上町台レジデンスタワーですが、もう少しで完成です。

 

2020年5月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2020年3月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

東側から見た様子です。まもなく最高部に到達しそうです。

敷地の西側にタワーを寄せた配置の為、東側に広い公海敷地があります。

最後は南西側から見た様子です。

2020年3月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2020年2月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

南東側から見た様子です。かなり高くなってきました。

東側空見た様子です。このタワーは、大阪都心の東西南北のグリッドから45度傾けてレイアウトされています。

外壁をアップで見た様子です。

最後は少しはなれた場所から見た、グランドメゾン上町台レジデンスタワーの様子です。

2020年2月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年12月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

東側から見た様子です。かなり高くなってきました。

外壁をアップで見た様子です。大阪都心の東西南北のグリッドから45度傾けてレイアウトされたタワーが良く解ります。

最後は南西側から見た様子です。

2019年12月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年9月だったので、約3ヶ月振りの取材です。かなり高くなってきました。

南東側から見た様子です。

東側から見た様子です。東西南北のグリッドから45度傾けてレイアウトされたタワーが良く解りますね。

頂部付近の様子です。

最後は南西側から見た様子です。

2019年9月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年7月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

かなり高くなってきました。取材時には目測で地上15階付近を構築している所でした。

南側から見た様子です。

最後は東側から見た様子です。

2019年7月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年06月だったので約1ヶ月振りの取材です。

東側から見た様子です。敷地の西側にタワーを寄せ、公開敷地を広く見せるたレイアウト設計となっています。

北東側から見た様子です。

タワーを近くで見上げた様子です。グランドメゾン上町台レジデンスタワーは敷地に対して45度の角度を持たせた設計となっています。日が当たらない真北や、暑すぎる真南の部屋を作らない工夫、との事です。

最後は南西側から見た様子です。思っていたよりもスリムなタワーになりそうです。

2019年6月の現地の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年04月だったので約2ヶ月振りの取材です。

計画通り敷地の西側にタワーの躯体が出現しました。相当思い切ったレイアウト設計だと思います。

躯体はこんな感じです。南北軸に対して45度傾けたレイアウトとなっています。

最後は東側から見た様子です。

2019年4月の現地の様子

現地の様子です。前回の撮影が2018年05月だったので約1年振りの取材です。今回取材してみると、2機のタワークレーンが姿を現していました!

南側から見た様子です。敷地の西側にタワーを寄せて、東側の公開敷地を広めにとる計画です。

南西側から見た様子です。

最後は敷地東側から見た様子です。

2018年5月の現地の様子

現地の様子です。多数の重機が投入されており、本格的な工事がはじまっていました。

(仮称)上町台タワープロジェクトは、正方形の断面のタワーマンションの四辺を東西南北に向ける一般的なレイアウトではなく、あえて45度ずらした計画となっています。大阪都心部の道路は碁盤の目の様になっていますが、街のグリッドとずらた計画となっています。意図は不明ですが、大阪都心部のタワーマンションとしては非常に珍しい向きで建設される案件といえます。

最後は北東側から見た様子です。

2017年7月の様子


th_P_20170713_161810.jpg
現地の様子です。既存建物は解体されており、更地になっていました。th_P_20170713_161735.jpg北東側から見た様子です。th_P_20170713_161515.jpg
久々の新規超高層ビル計画となった、積水ハウスと三菱地所が計画するタワーマンション、UR内久宝寺団地跡地の再開発(仮称)大阪市中央区内久宝寺町4丁目計画。上町台地は人気のエリアなので若干駅から遠いですが、このタワーマンションも人気が出そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です