MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

「てらすガイド」が発売開始!三菱電機が開発したアニメーションライティング誘導システム【2020年4月発売】



三菱電機は、矢印や文字・図形などのアニメーションを、プロジェクターで通路の床や扉に投影して人を円滑に誘導するアニメーションライティング誘導システム「てらすガイド」を2020年4月から販売を開始すると発表しました。

「てらすガイド」は、視認性の高い光のアニメーションを用いたサインを床面に表示することで、直感的で分かりやすい案内や注意喚起を行い、施設の利用者の円滑な移動を支援。イベントや状況・時間に応じて、表示の切替が容易にできるので、施設管理者の業務効率化に貢献する事が期待されています。

 

【出展元】
アニメーションライティング誘導システム「てらすガイド」発売開始のお知らせ

 

「てらすガイド」は動く案内サイン!



アニメーションライティング誘導システム「てらすガイド」は、光のアニメーションを用いて、従来のサインよりも分かりやすいサインを投射。動きのあるサインは、図形や文字などの単純な表示に比べ視認性が高まります。

床面などにサインを投射することで、言葉に頼ることなく分かりやすい誘導を実現し、目線の低いユーザーにも見やすいサイン表示が可能。また、光でサインを投射するため、看板のサインと異なり、施設の雰囲気を崩すことなくサインを追加することが出来ます。

【コンセプト動画】
https://www.mitsubishielectric.co.jp/me/synergy/03-smooth-access/

 

 

空間の雰囲気を崩さない投射機の形状


出展:三菱電機 てらすガイド、ITmedia, Inc.

「てらすガイド」の試作機は、奥行きを極力抑え通路上に設置した際に邪魔になりにくいサイズ感を実現。シンプルな形状、白を用いたニュートラルな配色にすることで、後から施設に追加する時でも、立て看板等のサインよりも空間の雰囲気を崩しにくい投射機の形状としました。

てらすガイド概要

 

寸法:406(幅)×856(高さ)×171(奥行き)mm。
重さ:約23kg、転倒防止板:約3.6kg。
電源:AC100ボルト 50/60Hz。消費電力は310ワット以下。
環境条件:屋内仕様で温度5~30度、湿度は20~80%.
投影サイズ:114インチ固定。その範囲でピクトグラムのサイズや位置などを調整できる。
明るさ:3500ルーメン。タブレットの通信方式はWi-Fi。
販売方式:売り切りもしくはリースを想定。定価オープン、想定売価100万円ほどを予定
※今後、顧客のニーズによって、レンタルでの提供も検討

 

 

さらなる高輝度化が実現出来れば本格普及するかも



案内サインやアイコンをアニメーション化し、プロジェクションマッピングで現実世界を拡張する方式は思ったよりも効果が見込めそうです。ただ、プロジェクターの輝度がネックで、明るい場所での視認性が低く設置できる場所が限られる点がボトルネックになりそうです。

エレベータの上がる、下がるの案内をプロジェクションマッピングで大写しにする。目立たない空いている券売機に利用者を誘導する、立ち入り禁止区域に侵入したら警告映像を投写する・・・。

SF的なアニメーションが聞いた案内サインが街中に登場する日は近いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE