【再都市化ナレッジデータベース】

国内初の商用洋上風力発電事業「秋田港・能代港洋上風力発電施設建設工事」が本格着工!


鹿島建設と住友電気工業は、秋田県の秋田、能代両市沖で計画している国内初の商用洋上風力発電事業「秋田港・能代港洋上風力発電施設建設工事」を本格着工すると発表しました。事業主体は丸紅らが設立した特別目的会社の秋田洋上風力発電で、民間企業が計画段階から商業ベースで開発・事業化するプロジェクトとして国内初の着工となります。

【出展元】
国内初の商用洋上風力発電事業「秋田港・能代港洋上風力発電施設建設工事」本格着工

 

 

 


鹿島と住友電工は、地盤調査やウインドファーム認証のための基本設計段階からプロジェクトに関与してきました。工事では基礎と海底ケーブルのEPCI(設計・調達・施工・据付)業務を担当する。工期は2022年12月までで、運転開始は2022年を予定し。売電先は東北電力で、売電期間は20年間です。鹿島は今後も再生可能エネルギー関連工事への対応を強化し、施設建設を通じて低炭素社会の実現に貢献するとしています。

 
事業者  : 秋田洋上風力発電株式会社
所在地  : 秋田県秋田市、能代市(港湾区域内含む)
発電容量  : 約140MW
発電形態  : 着床式洋上風力(モノパイル形式)
風車基数  : 秋田港13基、能代港20基、計33基
施工者  : 鹿島・住友電気工業特定建設共同企業体(基礎及び海底ケーブル)
工期  : 2020年2月~2022年12月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です