【再都市化ナレッジデータベース】

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」β版を2020年3月15日(日)オープン。VRスタジアムがサイバー!


国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営する株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日は、VR技術を活用し、eスポーツ観戦やイベント体験ができるeスポーツ専用VR施設「V-RAGE(ブイレイジ)」β版(以下、「V-RAGE」)をオープンし、「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」を2020年3月15日(日)に開催すると発表しました。

V-RAGE」は、RAGEが運営するeスポーツ大会の観戦やイベント参加体験ができる” eスポーツ専用VR施設。クラスター社が提供するバーチャルイベントプラットフォームを利用し、eスポーツ大会「RAGE」を、バーチャル空間で開催できるようになりました。ユーザーは、スマホやPCから「V-RAGE」へアクセスし、どこからでも臨場感溢れるeスポーツ観戦やイベント参加ができるようになます。

【出展元】
国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」、VR技術を活用し、新しいeスポーツの観戦体験ができるeスポーツ専用VR施設「V-RAGEβ版を2020315()オープン

 

 


V-RAGE」では、試合の勝敗と連動した会場のカラー変更や、会場内に花火が打ちあがるなどバーチャル空間ならではの演出が体験できます。また、会場内を自由に移動できるため、自分の好きな角度から観戦することが可能。さらに、友人と一緒にチャットによる会話や、コンテンツを楽しむこともできます。

アバターがズラリとならんんだVR空間は、まるで攻殻機動隊SAC9話「ネットの闇に棲む男 CHAT! CHAT! CHAT!に登場する、電脳チャットの様です。近未来の光景が現実になります。サイバー!

 

 

「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」×「V-RAGE」イベント概要

「V-RAGE」のオープンを記念して、2020年3月15日に「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」と連動したVRイベントが開催されます。

・日時:2020年3月15日(日) 開場11:00開演12:00/終演22:00 (予定)
・ゲームタイトル:「Shadowverse」(株式会社Cygames)
・イベントサイト: https://rage-esports.jp/shadowverse/2020spring/gf
・V-RAGE配信URL: https://cluster.mu/e/b2d94879-c6ff-4a75-89f6-64f8912758b7

1.17時15分~ M-1グランプリ2019王者「ミルクボーイ」によるVR漫才
3Dモデル化されたミルクボーイのお二人が、「V-RAGE」のためにオリジナルネタを披露。ここでしか見られない新ネタが楽しめます。

2.17時30分~ Shadowverseのゲーム実況で人気のストリーマー「もこう・つるおか(かものはし)」によるサブチャンネル・VR配信
3Dモデル化された、もこう・つるおか(かものはし)のお二人が、お馴染みのサブチャンネルをバーチャル空間内で行います。

 

 

サイバー空間に現れたeスポーツ専用VR施設。大人数を収容出来るサーバーと回線が必須



eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」は面白い取り組みだと思います。VRなら何十万人でもバーチャルで参加できる・・訳ではありません。現実は360度の映像を配信・接続する為の超ハイパワーな「サーバー」と同時接続をこなす「回線」といった強力なインフラが必要になります。本格的なVR映像を配信する場合、常識的なスペックの設備では数百人程度が限界で、リアルのライブ会場の収容人数には遠く及ばないのが現実です。

 

 


出展:帝人>ハプティクス(触覚)スーツ

また、音楽イベントの場合はスピーカーからの「音圧」が臨場感に大きな影響を及ぼしています。VRでは「音圧」は再現できませんので、やはりリアルのライブ会場には及ばないです。しかし、そこは日本の変態技術者は伊達ではありません。執念で「音圧」や「衝撃」を再現する「全身触覚スーツ」を開発している方がいらっしゃいます。

 

話はそれましたが、eスポーツが普及する流れは間違いなさそうで、それに許ない、eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」の様なサイバー空間のインフラの需要が高まってきそうです。将来的には現実世界に近い視聴環境、それこそ20k/40k解像度のVRゴーグル、低遅延で映像配信するデバイス、回線。それらを生かしきったコンテンツが揃い、マトリックスの様な世界が実現する・・。30年後にはそんな世の中になっているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です