MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

近鉄が自動改札機に QRコードリーダーを設置し『デジタル乗車券』を展開開始!名古屋から伊勢志摩エリアを対象【2022年春開始】



 

近鉄は、2021年12月1日付けのニュースリリースで、2022年春から、事前の窓口購入が不要となる『QRコードを活用したデジタル乗車券』を発売すると発表しました!

利用者は、今回、新たに近鉄が構築した販売サイトでクレジット決済によりデジタル乗車券を購入し、各駅の自動改札機でスマートフォンのQRコードをかざすことで、購入からご利用までスマホを使ったシームレスな旅行が楽楽しめます。専用アプリのダウンロードは不要。まず、近鉄名古屋駅から伊勢志摩方面の観光地などを周遊できるデジタル乗車券を発売。QR コー ドは出発駅の近鉄名古屋駅、伊勢志摩エリアの伊勢市駅、宇治山田駅、五十鈴川駅、鳥羽駅、鵜方駅、賢島駅 (合計7駅)の自動改札機に設置されます。

【出展元】
2022年春より自動改札機に QR コードリーダーを設置し、 QRコードを活用した便利でお得なデジタル乗車券の発売を開始します

 

 

 



 

近鉄名古屋駅は首都圏から伊勢志摩を訪れる旅行者の玄関口となっており、デジタル乗車券を利用する事で、伊勢志摩での観光を手軽に楽しめる様になります。今後は順次ご利 用できる駅を拡大し、デジタル乗車券の種類も増やしていく予定です。

 

 

 



近鉄は、将来的に今回構築した販売システムを拡大し、旅行会社などのプラットフォームとの連携も視野に入れ、デジタル技術の進展に対応したサービスの実現を進めてく方針です。

 

南海で実証実験中のQRコードリーダー付き改札機



南海電車では、近鉄に先駆けて、南海デジタルチケットのQRコードを用いた『事前購入』による時間帯別割引きなどの実証実験が2021年4月〜行われています。

 

自動改札機へのQRコードリーダー設置駅



自動近鉄名古屋駅、伊勢市駅、宇治山田駅、五十鈴川駅、鳥羽駅、鵜方駅、賢島駅の計 7 駅の一部の自動改札 機にQRコードリーダーを設置します。このほか、松阪駅の有人改札口にQRコード読取機能を備えた専用端末を設置、QRコードでの乗降可能駅となります。
※対象駅は順次拡大していく予定。

 

あわせて読みたい!

南海電鉄の駅自動改札機でVisaタッチ決済の実証実験を開始!世界標準規格『NFC Type A/B方式』対応への布石か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です