新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

中之島ダイビル・ウエスト 10.08


中之島ダイビル・ウエストは「ダイビル本館」を解体し建設される超高層ビルです。解体されたダイビル本館は、大正15(1926)年に渡辺節氏 の設計で建てられた、ネオ・ロマネスク様式の大規模なビルディングで非常に価値ある近代建築と評されていました。今回の再開発に伴い、ダイビル本館は惜し まれつつ解体されましたが、外回りのパーツを出来る限る保存、新しい建物に使用しダイビル本館の意匠を「再現」する取り組みが行われます。

【過去記事】
→ダイビル本館の消失 10.07
→中之島ダイビル・ウエスト 10.05
→中之島ダイビル・ウエスト
■追跡取材リスト








ついに建築計画のお知らせが掲示されました。


【スペック】
名称:中之島ダイビル・ウエスト
規模:地上22階、塔屋2階、地下2階
高さ:108.19m
敷地面積:21,085,64?
建築面積:4,559.81?
延床面積:42,704.23?


 


 


 


 



北側から見た立面図です。先行して建設された関電ビルディング、中之島ダイビルと比べるとかなり低いです。低層部分はダイビル本館にソックリな感じですね。









レイアウト図です。公開緑地がかなり多く取られている気がします。








現地は完全に更地になっていました。着工予定が2011年2月。着工が待ち遠しいですね。



5 COMMENTS

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>香里園の住民 さま。
そうですね。ここ数年でかなりの数の超高層ビルが建設されました。さらにこれからも建設されるので、風景はドンドン変わってゆきそうですね。


>タイム さま。
>Unknown さま。

そうですね、保存部分と高層部分をどういう風にまとめてくるか?楽しみですね。


>NY市民 さま。
ありがとうございます。
リンク先の画像凄いですね。とてもイメージがわきました。

NY市民

SECRET: 0
PASS:
ロング様、遅いですけど、
200万回アクセスおめでとうございます^^
145万ブログ中、101位は凄いですわ。
アタクシもブログをしていますが尊敬します。

で、今回、中之島の話題ではないのですが、
阿部野橋ターミナル・ビルタワー館(仮称)が、
遂に、シーザ・ぺり氏の公式公認サイトで掲載されました。
いくつもの模型が飛び出しています。
これは、近鉄百貨店阿倍野本店に、
8月15日まで飾ってあったものと似ていますが、
こうやってサイトに載るとワクワクします。
ココで見る限り、アタクシの予言通り、
旧館も変わるようで嬉しいですわ^^

それとアートアルテールの公式公認サイトも、
眺望とniniが追加されたようでしてヨ^^
眺望では、ターミナルビルが写ってなくて残念ですが、
niniでは、完成パースが登場していますわネ^^

ロング様の天王寺の特集も期待していますわ^^
ではでは。

http://www.pcparch.com/#/projects/new-work/osaka-abenobashi-station/
http://abeno24.com/nini.html

Unknown

SECRET: 0
PASS:
ダイビル本館の意匠を残しつつも、低層部と高層部がマッチするような色調にしてほしいものです。
焦げ茶色のタイルに、高層部の色調を合わせるのはかなり難しいでしょう。
内装や細部には、当時の意匠にこだわってほしいのですが、外装は調和を第一に考えてもらいたい。

タイム

SECRET: 0
PASS:
当初の計画より高さが低くなったのは残念ですが、仕方ないですね。
100m超えをキープしただけでも良しとしなきゃと思います。

中之島で一番幅が広い西部地区の再開発も早く動き出して欲しいものです。

香里園の住民

SECRET: 0
PASS:

中之島はビル密度がめちゃくちゃ高いですねf^_^;
フェスティバルビルとダイビルの完成が楽しみです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です