【再都市化ナレッジデータベース】

りんくうプレミアム・アウトレット第5期増床は2020年8月12日(水)開業!


三菱地所とサイモンは2019年7月17日付けのニュースリリースで、りんくうプレミアム・アウトレットの第5期増設に着手し開業20周年となる2020年夏の開業を目指すと発表しました。今回の計画では大阪湾を一望できる増設エリアに、フードホールを含む、約50店舗、店舗面積約12,600㎡がオープンし、既設部分と併せて店舗数は約260店舗、店舗面積約49,600㎡の国内最大級のアウトレットへとパワーアップする事になります。

りんくうプレミアム・アウトレットは、関西国際空港の対岸であるりんくうタウンに位置し、三菱地所・サイモンの国内2か所目のプレミアム・アウトレットとして2000年11月に開業しました。2002年3月、2004年12月、2012年7月の増床を経て、利用者は開業から2019年6月までの累計で1億人を超えています。

【出展元】
りんくうプレミアム・アウトレット 第5期増設計画 グランピング施設が登場、多目的なシーサイドアウトレットへ

 

 

りんくうプレミアム・アウトレット第4期増床オープン!



 

 

 

5期増床 開業日は2020年8月12日(水)に決定!


三菱地所・サイモン株式会社は、2020年7月29日付けのニュースリリースで、りんくう プレミアム・アウトレットの第 5 期増設エリアの開業日を、2020 年8月12日(水)に 決定したと発表しました。りんくうプレミアム・アウトレットは、三菱地所・サイモンの国内 2 か所目のプレミアム・アウト レットとして 2000年 11月に開業し、2002年 3 月、2004年 12月、2012年 7月の増設を経て、今年開業 20 周年を迎えます。

計画地は、泉佐野市りんくう往来南4ほかの敷地約4.9haで、計画コンセプトは「りんくうGreen Link」。30年間の事業定期借地権方式で貸し付け面積は4万5658㎡です。

区域内にアウトレットモールやフードホールで構成する店舗のほか休憩施設、芝生広場などを整備する計画で、概算事業費は65億円、年間利用者数は50万人を見込んでいます。大阪府は、泉佐野市にある「りんくう公園」予定地内に集客施設などを整備する民間事業者募集のコンペで、2017年9月に三菱地所・サイモンを特定しました。

【出展元】
りんくうプレミアム・アウトレット 第5期開業

 

 

りんくうプレミアム・アウトレット第5期の特徴


節目の年に開業する第5期増設は、大阪湾を一望できる新設エリアに48店舗が出店。増設される「シーサイド」エリアは、店舗面積約13,200㎡に、物販38店舗(既存エリアからの移転14店舗を含む)、 フードホールをはじめとする飲食店10店舗の合計48店舗がオープン。「バーバリー」や「プラダ」といったラグジュアリーブランドや、「アークテリクス」や「ニューバランス ゴルフ」などのスポーツ・アウトドアブ ランドなどが出店。飲食店でも、関西アウトレット施設初出店となる「パンダエクスプレス」などがお目見えし、店舗数約250 店舗、店舗面積約50,100㎡、西日本最大のアウトレットへとパワーアップします。

あわせて海沿いには、約 20,000 ㎡の広大な芝生広場「シーサイドパーク」が登場。同エリアには、アウ トレット施設初となるグランピング施設がオープン。世界的な建築家、隈研吾氏とスノーピークが共同開発し たモバイルハウス「住箱―JYUBAKO―」が設置され、アウトレットの敷地内で、贅沢なアウトドア体験が楽楽しめます。さらに既存エリアでも順次、大規模なリニューアルを行い施設全体での魅力の 拡充が図られます。

5期増設エリアの開業を機に、海外の街並みを再現した屋外空間でのアウトレットショッピングに加え、 都会の喧騒から離れゆったりと滞在できる、多目的な機能と立地環境を活かした、緑あふれる「シーサイドア ウトレット」が誕生します。



1:屋外空間と立地環境を最大限活かした、緑あふれる「シー サイドアウトレット」
2:多彩なカテゴリーの 48 店舗が登場
3:大阪湾を一望できるフードホール「りんくうダイニング」がオープン
4:アウトレット施設初となるグランピング施設が 登場
5:駐車場を増強、バスターミナルを新設。団体来場受け入れ体制も強化

 

 

1・立地を最大限活かした緑あふれる「シーサイドアウトレット」


海沿いの立地環境を活かした緑あふれ る「シーサイドアウトレット」が誕生。場内にはヤシの木や四季折々の季節の花など、緑をふんだんに取り込み、 隣接するりんくう公園の「シンボル緑地」と「シーサイド緑地」 を繋ぐ海沿いには、アウトレット施設初となるグランピング 施設や、アウトドアアクティビティが楽しめる約 20,000 ㎡ の芝生広場「シーサイドパーク」が新設されました。 また“船”をイメージしたフードホールに加え、広大な中庭 「シーサイドプラザ」には、軽食やデザートが楽しめる屋外 型独立飲食店舗「パビリオン」を配置。海を感じながら、緑あふれる「シーサイドアウトレット」でショッピングが楽しめます。

2・多彩なカテゴリーの 48 店舗が登場


増設される「シーサイド」エリアには、物販38店舗(既存エリアからの移転14店舗を含む)、フードホ ールをはじめとする飲食店10店舗、合計48店舗、店舗面積にして13,200㎡がオープンします。一部既存エリアの区画整理も含め、店舗数約250店舗、店舗面積約50,100㎡と、国内最大の御殿場プレミアム・アウト レットに続く、西日本最大のアウトレットとなります。また、既存エリアにおいても新規店舗の出店や改装など、大規模なリニューアルを計画しており、冬をめどに順次オープンする予定です。

 

3・大阪湾を一望できるフードホール「りんくうダイニング」


第 5 期増設エリアのシンボル的存在となる“船”をイメージしたフードホール は、リフォルニア発のアメリカンチャイニーズレストラン 「パンダエクスプレス」や大阪讃岐うどん「釜たけうどん」、 お茶漬け専門店「こめらく お茶漬けと、いろどり唐揚げ。」などが出店。「りんくうダイニング」の壁には、大阪出身のチョークアー ティスト・チョークボーイ率いる WHW!によるアートが施され、大阪湾に面した壁一面には、日本の商業施設としては初と なるスマート調光ガラス 「ヘイリオ」を採用し、逆光時にも眺めを堪能できる工夫が施されました。 レストラン&カフェでは、「三田屋本店―やすらぎの郷―」 などが出店します。

 

4・アウトレット施設初となるグランピング施設が登場

約 20,000㎡の芝生広場「シーサイドパーク」 に近接した区画に、「スノーピーク」の物販やレストラン 「スノーピーク イート」が出店。世界的な建築家、隈研吾氏とスノーピークが共同開発したモバイルハウス「住箱―JYUBAKO―」 が5台設置され、海を眺めながらの贅沢なグランピング体験が楽しめます。 スノーピークの ギアのレンタルや焚火など、様々なアクティビティを提供し、 「スノーピーク」の世界観と多彩なアウトドア体験が楽しめます
【スノーピーク モバイルハウス「住箱―JYUBAKO―」】
予約開始日:2020 年 8 月 3 日(月)
URL: https://go-snowpeak.reservation.jp/hotels/sp-rinku/

 

5・バスターミナルを新設し団体来場受け入れ体制も強化

駐車場がも約 300 台増え、約 3,200台へと増強するほか、増設エリア北側に、バスターミナルを新設し、りんくうタウン内を走 る路線バスに加え、泉北方面、徳島駅行きのリムジンバスが新た に乗り入れ、毎日運行します。また、国内外の団体バスや関空と のスカイシャトルの受け入れ体制も強化します。

 

施設概要


所  在  地 大阪府泉佐野市りんくう往来南 3 – 28
規        模 既存エリア 第 5 期 第 5 期増設後
開  業  日 2000年 11月 23日 2020 年 8月 12日
敷地面積 約 86,500㎡ 約 45,700㎡ 約 132,200㎡
店舗面積 約 36,900㎡
※増設による既存エリア減面積後
約 13 ,200㎡
※ グランピング 施設は含まず
約 50,100㎡
店  舗  数 約 200店舗
※増設による既存エリア減面積後
48店舗
※ グランピング 施設は含まず
約 250店舗
駐車台数 約 2,900台 約 300台 約 3, 200台
建物階数 2 階 2 階(一部 3 階)
増設推移 2002年 3 月 8 日 第 2 期増設 、 2004年 12  月 3 日第 3 期増設 、
2012年 7 月 12日 第 4 期増設 、 2020年 8 月 12  日 第 5 期増設
 
ア  ク  セ  ス 【車】   阪神高速湾岸線 泉佐野南出口から約 2km
関西空港自動車道・泉佐野出口から約 2km
【電車】 南海 、 JR りんくうタウン駅下車南へ徒歩約 6 分
営  業  時  間 10 : 00 ~ 20 : 00 (季節により異なる)
定     休     日 年 1 回( 2 月第 3 木曜日)
ウ ェ ブ サ イ ト https://www.premiumoutlets.co.jp/rinku/
 

【備考】
2012年7月の4期増床から約8年越しの5期増床が実現。商業施設面積はフルスペックの都心型百貨店並みの5万㎡超に拡大し、西日本最大の巨大アウトレットが誕生します。従来は海にに近い立地を活かせていませんでしたが5期では「緑あふれる海辺のアウトレット」を全面に打ち出してきました。5期時点では駐車場に充てられる土地は、将来の6期増床の可能性を残しています。

 

 

2020年3月の様子

現地の様子です。写真手前が4期増床部分、奥側の工事中の箇所が5期増床部分です。

 

 

 

敷地西側の様子です。約20,000㎡のグランピングなどが楽しめるグリーンパークや観光バスロータリーを備えた駐車場が設けられます。

 

 

 

撮影ポイントを変えて、4期増床部分から5期側を見た様子です。

 

 

 

北東側から見た様子です。建物はかなり出来上がっています。

 

 

 

南東側から見た5期増床部の南端付近の様子です。

 

 

 

5期増床部(写真左)とメインサイドエリア(写真右)は2階レベルで歩行者デッキで接続されます。

 

 

 

メインサイド側から建設中の歩行者デッキを見た様子です。

 

 

 

さらに撮影ポイントを変えて、りんくうマーブルビーチから見た5期増床部様子です。

 

 

 

5期増床部は海が目の前に広がる素晴らしい立地です。この風景を取り込む事で、りんくうプレミアムアウトレットは、新たな魅力を得ることになりそうです。

 

 

 

最後は大観覧車「りんくうの星」から見たりんくうプレミアム・アウトレットの全景です。今までは大阪湾の近くにありながら、海と切り離された感じの施設でしたが、5期増床部がオープンすると海を感じられるシーサイド・パーク アウトレットモールに変貌を遂げる事になります。モールからマーブルビーチへのアクセスが良くなるので、ビーチの賑わいも増す事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です