【再都市化ナレッジデータベース】

ホテル WBF グランデ関西エアポートの建設状況 20.03【2020年07月開業】



ホテル WBF グランデ関西エアポートは、大阪府泉佐野市のりんくうタウン駅北東側に建設中の高層ホテルです。規模は、地上22階、高さ81.20m、延床面積29,021.97㎡で、客室数は700室。2020年7月に開業する予定です。

【出典元】
TLS5 特定目的会社の民間都市再生整備事業計画 (ホテル WBF グランデ関西エアポート計画)を認定
東急リバブル>「ホテル WBF グランデ関西エアポート」の開発に着手

 

 

ホテル WBF グランデ関西エアポート計画〜TLS5 特定目的会社の民間都市再生整備事業計画を認定



ホワイト・ベアーファミリー – WBFを中心とする企業グループが、りんくうタウンに地上20階建て、客室数813室のホテルを計画!



 

 

 

 


【施設概要】
名称:ホテル WBF グランデ関西エアポート
所在地:大阪府泉佐野市りんくう往来北 1-833
階数:地上22階、地下0階
客室数 :700 室(15.0 ㎡~40.8 ㎡)
構造:鉄骨造
設備:電気、空調、衛生、防災、昇降機等
用途:ホテル、飲食店、喫茶店
敷地面積:2,954.00 ㎡ ※公簿面積
建築面積:2,362.62
延床面積:29,021.97㎡ ※容積対象:26,583.58 
建築主:TLS5 特定目的会社(代表:ホワイト・ベアーファミリー、構成:日企設計、日本国土開発
設計者:日企設計
施工者:日本国土開発・旭工建・宇佐美組特定建設工事共同企業体
着工:2018年9 15 
竣工:2020年7 31 日(予定)
開業:2020年7月(予定)

 

 

2020年3月の様子

現地の様子です。既に最高部まで到達しており外観はかなり出来上がっていました。

 

 

 

隣接する関西エアポートワシントンホテル(504室)との並びです。

 

 

 

北東側から見た様子です。完成予想パースと異なり、かなりコンサバなデザインになりました。

 

 

 

東側から見た様子です。

 

 

 

南側から見た様子です。

 

 

 

りんくうプレミアムアウトレットの南端付近から見た様子です。

 

 

 

大観覧車「りんくうの星」から見た様子です。

 

 

 


最後は引き気味で見た様子です。ホテル WBF グランデ関西エアポートは高さ約81mなので、けっこうな高さがありますが、隣接するりんくうゲートタワービル(高さ256.1m)が高すぎて小さく見えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です