MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

新型バルミューダ・ザ・トースター(BALMUDA The Toaster)を買ってみた!


オーブントースターの概念が変わるほどおいしいトーストが焼けることで有名なバルミューダ「BALMUDA The Toaster」。実売価格で2万5千円ほどするので、中々でが出ませんでしたが、巣ごもり生活が復活するかもしれないので思い切って買ってみました!

 

 

 

 

早速「開封の儀」を執り行いましょう!パッケージはこんな感じです。梱包箱からお洒落ですね!

 

 

 

 

箱を空けるとこんな感じです。

 

 

 

 

箱から本体を出すとこんな感じです。

 

 

 

 

添付品はこんな感じです。黒色の小さなカップがこのトースター最大の武器!?なんです。絶対に無くしてはいけません。

 

 

 

 

ビニール袋から出すとこんな感じです。めっちゃシンプルなデザインですが高級感があります。あと石窯をイメージした奥行きのある小窓が洒落てますね。

 

 

 

横から見た様子です。

 

 

 

 

背面はこんな感じです。ひたすらシンプルです。

 

 

 

 

ドアを空けるとこんな感じです。庫内はかなり狭く高さもありません。横幅は食パン2枚程度、高さはマグカップ程度といった感じです。

 

 

 

 

先ほどの黒いカップに水を5CC入れてこの投入口から水を入れます。

 

 

 

 


早速焼いて見ました!今回は6枚で110円の安い食パンを焼いてみました。安物食パンが高級食パンの様に・・・とは行きませんが、外はカリっと中はしっとり!で確かに美味しく焼けました。今度は、いわゆる高級食パンを買ってきて焼いてみたいと思います。

 

 

 


ようやく手に入れたバルミューダ・ザ・トースター。購入初日のインプレッションは「けっこう良いかも」といった感じでした。焼き上げ時間や、水の量など使い方に慣れれば、もっと美味しく焼けるのかもしれません。こちらの記事は随時追記して、使用レポートをお伝えしたと思いますので、購入を検討されている方はご期待ください!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です