【再都市化ナレッジデータベース】

【再開発の卵】閉鎖された古河大阪ビル本館・西館の状況 20.03



古河大阪ビルは堂島浜2丁目にあるオフィスビルで、地上9階 ての本館と7階建ての2棟で構成されています。本館は1965年、西館は1973年に竣工しました。本館は竣工から54年、西館も46年が経過しており老朽化が進んでいました。2019年12月にテナント退去が終わり、その後ビルは閉鎖されました。

【再開発の卵】古河大阪ビル本館・西館が閉鎖。三井不動産レジデンシャルが再開発を計画か?



 



 

 

 

古河大阪ビルと隣接する古河大阪ビル西館の2棟が建つ土地は、持ち分の6割超を三井不動産レジデンシャルが取得しており、同社が展開するパークタワーのブランド名を冠したタワーマンションが建設される可能性が高いです。

 

 

 

現地の様子です。約1ヶ月振りの取材でしたが目立った動きは見られませんでした。

 

 

 


最後は南東側から見た様子です。西日に照らされた古参のビルが美しかった・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です