【再都市化ナレッジデータベース】

京急とトヨタが品川駅西口の現シナガワグース敷地にオフィス・商業・ホテル複合施設を開発


京浜急行電鉄は、2020年4月6日付けのニュースリリースで、品川駅西口地区における現シナガワグース敷地を活用した同社開発に、トヨタ自動車を共同事業者として迎えると発表しました。京急は、「品川の顔となるまちづくり」「沿線にシナジー効果を波及させるまちづくり」「交通結節点を活かした新たな交流を生み出すまちづくり」を開発ビジョンに、品川駅周辺開発事業を推進しています。

【出展元】
品川駅西口地区におけるシナガワグース敷地を活用した当社開発トヨタ自動車株式会社を共同事業者として迎えともに豊かな環境を活かしたまちづくりを目指します

 

 



所在地は、東京都港区高輪3-13-3。開発範囲は約2.5m2(現シナガワグース敷地)。延床面積約20m2超。計画では、品川駅西口地区の現シナガワグース敷地において、国際交流拠点・品川にふさわしい複合施設に、国内外のグローバル企業や国際水準の会議・ホテル誘致を想定し、ターミナル駅前でありながら豊かな自然に恵まれた環境を活かしたまちづくりを目指します。今回、同区に縁があり京急のまちづくりの方向に賛同するトヨタを共同事業者として迎えるべく協定を締結。京急が敷地の一部をトヨタに譲渡し、同社とトヨタが共同で当該施設の開発を推進すること、トヨタが当該施設の一部をオフィスとして活用することについて合意しています。

 

 

 



京急は、羽田空港に近く、リニア中央新幹線により、名古屋と結ばれる品川駅のポテンシャルを最大限に活用し、開発ビジョンのさらなる具体化、実現化を目指します。また、トヨタとの連携を深め、沿線の活性化、相互の発展に資する取り組みも検討していくとの事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です