【再都市化ナレッジデータベース】

デュオヒルズ山形七日町タワー 山形セブンプラザ跡地の再開発【2021年3月竣工】


デュオヒルズ山形七日町タワーは、山形市七日町2丁目で建設されている、地上上20階、高さ約60m、総戸数144戸のタワーマンションです。建築主は七日町第5ブロック南地区市街地再開発組合、設計はアール・アイ・エー、施工はりんかい日産・千歳建設共同企業体。 20213月上旬に竣工し、3月下旬に入居が始まる予定です。

【出展元】
デュオヒルズ山形七日町タワー
七日町第5ブロック南地区市街地再開発組合の設立及び関係図書の縦覧について

 



在地山形県山形市七日町二丁目589番、590番(地番)
用途地域・地区商業地域
敷地面積3,107.47㎡ (建築確認対象面積)
建築面積1,785.62㎡ (建築確認対象面積)
構造・規模鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造 地上20階建 免震構造
事業主七日町第5ブロック南地区市街地再開発組合
所在地山形県山形市七日町二丁目590番(地番)
交通山形新幹線・JR奥羽本線「山形駅」 徒歩19分
構造・規模鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造 地上20階建 免震構造
総戸数住戸144戸(事業協力者住戸1戸含む)、店舗1戸(他管理事務室1戸)
敷地面積2,170.27㎡
建築面積997.90㎡
竣工予定時期2021年3月下旬
入居予定時期2021年4月下旬
設計・監理アール・アイ・エー東北支社
施工りんかい日産・千歳建設工事共同企業体
管理会社フージャースリビングサービス
売主フージャースコーポレーション
 

 

 



計画地は山形市の中心部に位置する商店街「七日町商店街」でかつて営業していた複合商業施設「セブンプラザ」の跡地です。七日町第5ブロック南地区市街地再開発に伴い、デュオヒルズ山形七日町タワーと低層の商業棟が建設される事になりました。

 


再開発事業では、核となるデュオヒルズ山形七日町タワーを中心にタワー棟の1階に店舗を設ける他、七日町御殿堰の店舗を同時開発する計画です。山形市の中心部、七日町を流れる御殿堰という水路を活かした、新しい木造建築の商業施設「水の町屋七日町御殿堰」に近接する事から和風モダンなデザインを採用し景観的にマッチした開発が行われます。

 

 

 


山形市の中心部は、他の多くの地方都市が抱える課題である中心市街地の空洞化が進んでいました。都心部にタワーマンションなどの高層住宅を建設し居住人口を増やしつつ、低層部に特徴的な商業施設を開発する手法は、ある意味定番のやり方になりつつあります。今回の再開発は、山形都心部で行われた「三つの新名所づくり」の1つである「水の町屋七日町御殿堰」とのつながりを意識しているので、デザイン的に面白そうな開発になりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です