MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

【最新版】都市別国際会議の開催件数ランキング2019 神戸市が開催件数で全国2位に躍進!



日本政府観光局(JNTO)は、全国のコンベンション推進機関等からの情報をもとに取り纏めた、2019年国際会議統計を発表しました。2019年に日本で 開催された国際会議の参加者総数は前年比 8.4%増の 200 万人に迫り、うち外国人参加者数は前年比 1.8%増の21.3 万人と双方とも過去最多水準を記録、開催件数は、前年比 5.5%増の 3,621 件となりました。

コロナ禍明けの将来展望を見据える上でも参考になるデータだと思い、発表数値をExcelで集計してグラフ化してみました。それでは、発表された統計データを少し深掘りしてみて行きましょう。

【出展元】
2019 JNTO 国際会議統計を発表 ~参加者数は過去最多水準を記録、開催件数は 8 年連続で過去最高~

 

 

 

都市別 国際会議の開催件数


2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
東京(23区) 557 574 608 645 561
神戸市 113 260 405 419 438
京都市 218 278 306 348 383
福岡市 363 383 296 293 313
横浜市 190 188 176 156 277
名古屋市 178 200 183 202 252
大阪市 139 180 139 152 204
北九州市 105 134 133 150
仙台市 221 115 120 116 136
札幌市 107 115 116 109 102
千里地区 94
2019年に日本で開催された国際会議の件数は、前年比 5.5%増の 3,621 件で過去最高を記録しました。開催都市別では、1 位:東京 23 区(561 件)、2 位:神戸市(438 件)、3 位:京都市(383 件)と続き、トップ 10 内の都市名は前年と同じでした。件数ベースでの神戸市の躍進が目を引きます。また、2015年にはベスト10圏外だった北九州市がジワジワと存在感を増しています。かつてはベスト10の常連だった千里地区は圏外に消えました。

 

 

ブロック別 国際会議の開催件数


ブロック 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
近畿 564 718 850 919 1025
関東 747 762 784 801 838
九州 363 488 430 426 463
中部 178 200 183 202 252
東北 221 115 120 116 136
北海道 107 115 116 109 102
続いてブロック別の開催件数ですが、昨年に期続き近畿ブロックが1025件を開催し全国1位となりました。2017年に逆転してから、件数ベースでの差は開きつつあります。神戸市の躍進が近畿ブロックの件数増加を支えています。

 

日本の国際会議開催件数の推移


2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
全国際会議 2,159 1,892 2,337 2,427 2,590
中・大型国際会議 319 246 345 350 377
2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
全国際会議 2,847 3,112 3,313 3,433 3,621
中・大型国際会議 406 430 350 464 471
JNTOの基準で選定した国際会議は、①主催者:国際機関・国際団体(各国支部を含む)又は国家機関・国内団体(「公共色を帯びていない民間企業」以外は全て対象)、②参加者総数: 50 名以上、③参加国数 : 日本を含む 3 居住国・地域以上、④開催期間 : 1 日以上、です。その内、中・大型国際会議とは外国人参加者数 50 名以上、かつ、参加者総数 300 名以上のものを指します。

2019 年に日本で開催された国際会議の件数は、前年比 5.5%増の 3,621 件でしたが、中・大型国際会議の件数は、前年比 1.5%増の 471 件で過去最高を記録したものの、開催件数に占める割合は 1 割強でした。しかし中・大型国際会議の貢献度は非常に高く、参加者数全体の約5割、外国人参加者数では 6 割を超えるなど、訪日外客の拡大への貢献度は高くなっています。今後は件数ベースでの増加に加え、会議の大規模化を目指す必要があります。

中・大型国際会議の実例

・第 25 回 ICOM (国際博物館会議)京都大会: 参加者総数 4,590 人(うち外国人参加者数 2,724 人)
・第 17 回国際義肢装具協会世界大会(神戸): 参加者総数 4,531 人(うち外国人参加者数 1,810 人)
・第 12 回アジア制御会議(北九州): 参加者総数 1,950 人(うち外国人参加者数 1,200 人)

 

都市別 外国人参加者数

 


2019年 外国人参加者 件数 1回毎参加者
1 東京(23 区) 42,398 561 76
2 京都市 30,585 383 80
3 横浜市 27,919 277 101
4 神戸市 15,641 438 36
5 福岡市 11,590 313 37
6 大阪市 11,060 204 54
7 名古屋市 9,646 252 38
8 札幌市 8,218 102 81
9 北九州市 7,947 150 53
10 広島市 6,642 BEST10外
続いて、開催都市別の外国人参加者数を見てみましょう。多くの外国人参加者が集まってこそ本当の国際会議と言えると思います。

1 位:東京 23 区(42,398 人)、は変わりませんが、2 位は京都市(30,585 人)、3 位:横浜市 (27,919 人)の結果で、件数2位の神戸市は外国人参加者数では4位、実数では2位の京都の半分程度となりました。これは神戸市が件数ベースでの実績を上げるために、比較的小規模な会議、かつ外国人参加者が少ない会議を多数勧誘した結果と思われます。

 

件数ベースで躍進中の神戸市への提言


最後は国際会議1回の外国人参加者数の比較です。1位:横浜市(101人)、2位:札幌市(81人)、3位:京都市(80人)、4位:東京23区(76人)、5位:大阪市(54人)の結果でした。

 

 

 


件数ベースで躍進著しい神戸市ですが、次の改題として浮かび上がるのは規模の拡大、中・大型国際会議をより多く勧誘する事で外国人参加者を増やす事です。その為に必要な事は、老朽化したMICE施設の刷新と国際級ホテルの勧誘でしょう。特にMICE施設の大型化は待ったなしの課題で、会議規模を拡大するためにも可及的速やかに整備を進める事が必要です。

 

 

合わせて読みたい

国際会議開催件数の国・都市ランキング、近畿ブロックが全国シェア1位「国際MICE」の消費総額は5384億円!



展示会場面積 世界ランキング2019 東京ビッグサイトでも78位。日本のインフラ不足は深刻な状況

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です