MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

オープンした泉南ロングパークの状況 21.01(コミュニティエリア編)





SENNAN LONG PARK(泉南ロングパーク)は、大阪府泉南市りんくう南浜に誕生したスポーツ・食・レジャーをまるごと体験できる関西最大級のレクリエーションスポットです。長らく未整備だった公園用地を泉南市が大阪府から無償で借り受け、公園の整備・維持管理・運営を公募し、大和リースが事業者として選定され整備が行われ2020年7月3日にオープンしました。











SENNAN LONG PARKは南北約2kmの細長い公園でで、パーク内は大きく分けて4つのエリアに分かれており、スポーツなどを楽しむアクティビティエリア、洒落た飲食店が並ぶコミュニティエリア、地域の産物が出品されるマルシェエリア、手軽にアウトドア気分が楽しめるグランピングエリアがあります。こちらの記事では、コミュニティエリアの様子を写真を交えてお伝えします。











コミュニティエリアは、ビーチをイメージした BBQ場やテラス席の飲食店が並ぶ開放的でくつろぎ感に満ちたエリアです。海を見 ながら気心しれた仲間とリラックスタイムを過ごせる、シーサイドリゾート感覚が手軽に味わえる場所です。








レストランやカフェが立ち並ぶシーサイドアベニューの様子です。








近くまで見た様子です。沢山のブログやWebサイトがテナントを紹介しているので、個店の紹介は省きます。浜辺のシチュエーションを愉しめる、テラス席がある店が集結しています。








駐車場側から見るとこんな感じです。でっかいハンバーガーが食べたい。












パークPFI方式で建てられたテナント施設は、決められた事業期間で収益を上げる必要があるので、どうしても簡素な建物になってします。











泉南ロングパークの建物は制約の中では頑張っている方だと思います。











バーベキュー場のエントランス付近の様子です。取材時はクローズで中をうかがい知る事が出来ませんでしたが、シャレオツな雰囲気は伝わってきました。











ドッグランの様子です。泉南ロングパークは近所の方の利用が多く、沢山の方が愛犬を散歩させていました。











小さな見晴台がありました。階段は狭いですが展望スペースは結構広いです。











上から見下ろすとこんな感じです。











ウインター・サンセット・ゲート。冬場のある時期はこのゲートの真ん中に夕日が沈む様です。











オートキャンプ場付近の様子です。普通のキャンプエリアに加え、常設の貸しテントが2基ありました。










最後は浜辺の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です