【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

神戸市(仮称)新中央区総合庁舎他建設工事の状況 22.06【2022年7月19日から業務開始!】



神戸市は、三宮再開発の一環として、本庁舎3号館を解体し、「新中央区庁舎」と「勤労会館・葺合文化センター・生田文化会館の機能を集約した新たな文化施設」の会議室機能が一体となる「新中央区総合庁舎」の整備を進めています。

新築する「新中央区総合庁舎」は、免震構造を持つ鉄骨造の地上12階、地下1階建てで、延べ床面積は約1万9300㎡。1階に歩道と一体になったオープンスペースや、ロビーが見渡せるガラス張りの開口を設置、外壁を石張り風にするなど旧居留地に調和したデザインとなっています。新庁舎には、移転する中央区役所の機能に加え、文化施設である現在の「勤労会館」、「生田文化会館」、「葺合文化センター」の一部の機能も受け持つ。区役所の機能は2〜8階、文化施設は1階と9〜11階にそれぞれ入居。地下1階は駐車場、12階は機械室と倉庫になります。総事業費は約108億円(うち建設工事費等 約98億円、3号館解体工事費 約6.7億円、設計・工事監理費等 約3.3億円)です。

【出展元】
中央区役所と文化施設が市役所3号館跡地に移転します!

 

 


計画名称(仮称)新中央区総合庁舎他建設工事
所在地兵庫県神戸市中央区江戸町97-1ほか
交通
階数地上13階、地下1階
高さ
構造鉄骨造
杭・基礎
主用途公共施設(区役所)、集会場、駐車場、倉庫
総戸数500戸
敷地面積3597.22 ㎡
建築面積1880.71 ㎡
延床面積19341.98 ㎡
容積対象面積
建築主神戸市行財政局
設計者神戸市建築住宅局
施工者大林組・神鋼興産JV
着工2020年08月
竣工2022年06月末(予定)
開業
備考
 

 

2022年6月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年4月だったので、約1年2ヶ月振りの取材です。

 

 


南東側から見た様子です。ビルの外観は完成状態になりました。新庁舎は2022年7月19日(火)から業務を開始する予定です。

 

 


近くで見上げた様子です。新庁舎は、旧居留地の街並みに調和した上質なデザイン、木材を効果的に使用した自然の温かみを感じられるデザインをコンセプトに計画されました。

 

 


基壇部の様子です。外装の茶色い部分は石材で、他所では余り見かけない珍しい素材でした。

 

 


近くで見上げた様子です。高層部の庇は木材があしらわれています。民間のビルでは中々出来ない贅沢な造りとなっています。

 

 

 


基壇部にあるコリドーの様子です。もうメチャクチャ高級感があって、まるでラグジュアリーホテルのエントランスの様です。

 

 

 


最後は北東側から見た様子です。

 

2021年4月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年1月だったので、約3ヶ月振りの取材です。

 

 


東側から見た様子です。

 

 


北東側から見た様子です。

 

 


敷地内部の様子です。地下躯体の構築がなかり進んでおり驚きました。躯体が地上に姿を現す日は、そう遠くないと思います。

 

 


最後はアップで見た様子です。

 

 

 

2021年1月の様子


南東側から見た様子です。

 

 

 


真正面から見た様子です。

 

 


最後は仮囲いの透明箇所から見た内部の様子です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。