新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

【2020年5月まで】三宮ターミナルビル解体工事の状況 19.08



JR西日本が建て替え計画を進める三ノ宮駅直結の三宮ターミナルビル。長らく動きが無かった案件ですが、解体工事が本格的に始まりました。現地に掲示されていた労災保険関係成立票によると解体工事は2020年5月年までとなっています。

三宮ターミナルビルは神戸ポートアイランド博覧会があった1981年に開業した駅ビルで、地上11階、地下2階建て、延べ床面積は約2万㎡。ホテルや商業施設「三宮OPA」、レストランなどが入居していましたが、耐震性能の不足が判明した為、建て替えが決定され今年3月末で閉館しました。 JR西日本が2018年04月に発表した中期経営計画の中でで、三ノ宮、大阪、広島駅の再開発を「3大プロジェクト」と位置づけられてています。

【2020年5月まで】三宮ターミナルビル解体工事の状況 19.04





 

 

 

 



現地に掲示されていた案内図を撮影しました。工事エリアはこんな感じで、「そごう」と「三宮ターミナルビル」を結ぶペデストリアンデッキから「JR三ノ宮駅」方面の歩行者動線が大きく変更されました。

 

 

 

2019年8月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年4月だったので、約4ヶ月振りの取材です。

 

 

 

2機のタワークレーンを使って解体工事が進められています。

 

 

 

 

南東側から見た様子です。解体工事が進みビルの一部が無くなっています。

 

 

 

 

北側から見た様子です。

 

 

 

 

最後は三ノ宮駅のホームから見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です