MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

バス停の屋根の上に蜂の停留所「Bee Bus Stops」を設置!イギリス・レスター市の30のバス停の上に”リビングルーフ “を設置


イギリスのレスター市では、近年減少がみられる「ミツバチ」を保護するために、市内のバス停ネットワークを活用するアイディアを思いつき、蜂の停留所「ビー・ストップ」の設置に力を入れています。”Living Roof “と名付けられたこのネットワークは、市内の30のバス停の上に、野草と、近年数が減少しているミツバチなどの受粉昆虫が好むセダムの植物を組み合わせたプランターを設置しました。

【出展元】
https://mymodernmet.com/leicester-green-roof-bee-bus-stops/

 

 

 


蜂の数の減少に対処するため、レスター市はクリア・チャンネル社と協力して、バス停を蜂の保護区に変えました。このグリーン・ハブ(蜂の停留所)は、基本的にバス停の屋根に草や野草を植え、受粉を促進することを目的としています。このシェルターは、生物多様性と気候の回復に積極的に貢献し、屋根に降った雨水を吸収し、都市のヒートアイランド現象を軽減し、空気中の微粒子を回収して、都市をより環境に優しい場所にするのに役立ちます。

 

 


“レスター副市長のアダム・クラーク氏は、「レスターの新しいリビングルーフ・バスシェルターの第一号が街中に出現したことは素晴らしいことです」と語ります。”蜂や蝶にやさしいバスシェルターの改良が形になるのを見て、私たちと同じように興奮している人々から、すでに素晴らしいフィードバックが寄せられています。しかし、これは市全体で行われるバスシェルターの刷新による数多くのメリットの一つに過ぎません。新しい近代的なシェルターは乗客にとって素晴らしいものであり、太陽光発電と生きた屋根の組み合わせは、2030年までにカーボンニュートラルで気候に適応した都市になるという私たちの野望に向けた新たな一歩です」。

レスターの屋上緑化と太陽電池式バス待合い所のネットワークは、英国で最初のものになります。新しい屋上緑化は、都市のミツバチなどの受粉昆虫をサポートするだけでなく、雨水を吸収し、都市ヒートアイランド効果を減らし、空気中の粒子を捕獲し、地域の生物多様性をサポートし、都市の持続可能な輸送を促進するのに役立ちます。Leicester CityCouncilと広告およびインフラストラクチャ企業であるClearChannel UKとの間の新しい10年間の契約の一環として、2022年後半までに市内の479のバス待合い所すべてを改修することを望んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です