新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

ロンドンで2番めの高さとなる、22Bishopsgate(22ビショップスゲート)

th_002_20150705125714599.jpg



22Bishopsgate(22ビショップスゲート)は、ロンドンでも超高層が集積している金融街シティ・オブ・ロンドンに計画されている、高さ278m、62階建てのオフィスビルです。そのデザインは、以前は湾曲させた表面が特徴的なスパイラル型で、頂部にはエレガントなねじれた塔屋が描かれていましたが、コスト削減の為にに根本的な変更を受け、以前に比べるとシンプルなデザインに落ち着きました設計はイングランドのPLPアーキテクチャが手がけています。

















th_003_20150705125715ffe.jpg


22ビショップスゲートは、塔はレストラン、小売店や視野のギャラリーのためのオフィススペースの合計、約12万㎡の規模となります。このパースはシティの幹線道路から見た22ビショップスゲートの完成イメージですが、ロンドンの古い街並みにも変化の並が押し寄せている事が分かります。













th_001_201507051257132ae.jpg






22Bishopsgate(22ビショップスゲート)は2015年後半にも着工され2019年に完成する予定です。世界金融の中心地であるシティでも、その近代化が急速に進みつつ有ります。



2 COMMENTS

アリー my dear

SECRET: 0
PASS: 2b52e331129aa396df9e167518164312
超高層化の波がじわじわと押し寄せているなと、つくづく感じました。
私は奇抜・斬新なデザインの建築も好きですし結構だとは思うのですが、その反面妙に奇を衒わない、オーソドックスなスタイルの建築物にも惹かれるんですよ。要は個人的な好みなんですけどね(^^;)

このビルのすぐ近くに建っている、丸みがかった瓜のような「ガーキン」(これは確か愛称で、正式名は忘れました・・・)は結構有名なビルですよね。そして、イギリス最高峰ビルである「ザ・シャード」も。BBCワールドニュースでもキャスターの背後に映っているお馴染みの風景です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です