MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

バンコクに東南アジア最高と高さなる615メートルの超高層ビルの建設計画が始動、その名は「スーパータワー」!

002_20141204124548c44.jpg


タイの首都バンコクで、東南アジア最高の高さとなる615mの超高層ビルの建設計画が動き出しました。タイの不動産ディベロッパー、グランド・カナル・ランド(Gランド)が、バンコク都内の地下鉄MRTラマ9世駅前で大規模な複合不動産開発を推進しており、この超高層ビルは再開発エリアのランドマークタワーとして建設されます。


【出典元】
newsclip東南アジア最高、高さ615メートルの超高層ビル バンコク地下鉄ラマ9世駅前に建設














003_20141204124547d56.jpg


 この超高層ビルの名称は「スーパータワー」。地上125階、高さ615メートル、延床面積32万平方メートルで、高さは東南アジアで最高、世界でも上位10位に入ります。建物の安全確保のため、超高層ビルを得意とする米大手建築設計事務所スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリルを建設コンサルタントとして迎え、2019年の完工を目指しています。そういえば、日本電気の本社ビルの愛称もNECスーパータワーですね。


















001_20141204124550fa8.jpg





「スーパータワー」を含むエリア一帯のプロジェクト名は「ザ・グランド・ラマ9」。約12ヘクタールの敷地に、オフィスビル、マンション、ホテル、ショッピングセンター(SC)などを開発するビッグプロジェクトで、投資総額約1000億バーツ(3640億円)。建設地はタイ証券取引所(SET)の新本部ビル、タイ国営メディア会社MCOTの本社ビル、在タイ中国大使館などに近く、Gランドはバンコクの新都心として開発を進めています。


・オフィスビルの「ザ・ナインス・タワー」(地上36階と地上34階の2棟、2013年第2四半期に開業)
・英蘭系日用品大手ユニリーバのタイ本部ビル(地上12階)
・オフィスビルの「Gランド・タワー」(地上26―36階)
・マンションの「ベル・グランド・ラマ9」(地上27―43階の8棟、計2000戸)
・ショッピングセンターの「ザ・ショップス・グランド・ラマ9」
・4つ星ホテル(客室数285)




2 COMMENTS

匿名

SECRET: 0
PASS: eaaff6211e67b0fefdf184833f16736e
この高さで延床面積32万㎡だとワンフロアが非常に狭い印象ですね。
なんで日本以外の超高層ビルってこんなに中身・実体がしょぼいんでしょう?
高さで見栄張ることが、なぜいまだに有効だとされているのか日本から見てると不思議ですねえ・・・。

匿名

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
高さ615メートルで、延床面積32万㎡。
このスペックを見るだけで、無駄に高いだけということが分かる。六本木ヒルズ森タワーの方がはるかに効率的で賢いな。
結局、高さを誇示したいだけなんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です