MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

モスクワで構想されてる天然石で作られたドルメン(支石墓)シェルターが幻想的!


モスクワを拠点とする建築家DavitJilavyanとデザイナー兼ビジュアライザーのMaryJilavyanは、モスクワの自宅近くで3つの石の組み合わせを見た後、新しい石の形をしたホテルを構想しています。

ドルメンシェルターは、名前が示すように、ドルメン、つまり紀元前5千年紀にさかのぼる巨大な石で建てられたタイプのシングルルームの墓に触発された小さな独立した家で構成されたミニホテルです。本物の石で作られた個別の客室で構成できるミニホテルは、平らな「テーブル」の石を運ぶ2つ以上の巨石の脚で構成されるドルメン(支石墓)に触発されてデザインされました。ドルメンシェルターにこれらの神秘的な構造を呼び起こし、ある種の特徴を与えることを望んでいました。

【出展元】
Davit Jilavyan And Mary Jilavyan Envision Dolmen Mini Hotel Made Of Natural Stones
https://www.collater.al/en/dolmen-shelter-hotel-stone-architecture/

 



 

室内環境は最小限であり、必要な家具が置かれています。街の混沌から自分を隔離できる場所を作るというアイデアですが、ダビットとメアリー・ジラヴィアンのプロジェクトは、今日の建築のファッションのトレンドから脱却する方法でもあります。
四方がガラスの水族館のようなモダンな家のプロジェクトにうんざりしているので、窓が2つしかないので、家にあまり光を入れたくなかったそうです。

 

 

 



DavitJilavyan氏とMaryJilavyan氏は語りました。

私たちは、ガラスの四面が水槽のように見える現代の家のプロジェクトに疲れているので、洞窟のような雰囲気を出したいと考えました。石の形の方が良いと考えました。自然が作り出したものはすべて完璧です。人は決してその完璧さを達成することはできませんが、私たちは最大の創造者である自然を見て、そこから学ぶことができます。

洞窟は先祖代々が住んでいた場所であり、それを感じながらも、快適に暮らすために必要なものがすべて揃っているのが面白いと思いませんか?そのような場所であれば、人々は現在の神経質な生活から離れて、自分自身や自分の内なる声に集中することができるのではないでしょうか。自分自身に相応しい休息を与えるために。

 

 

 


森の中に佇む幻想的な石のホテル。その表情はどこか楽しげで親しみが持てますね。

 

 

 



 



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です