MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

【再開発の卵】USJ海側に新オフィシャルホテル ?結婚式場「アルカンシエルベリテ大阪」解体工事の状況 21.10


USJ周辺で新たな動きがありました。USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に隣接するベイエリアの結婚式場「アルカンシエルベリテ大阪」が2021年7月31日に閉館しました。アルカンシエルベリテ大阪側は、定期賃貸借地契約の期間満了に伴い、引き続き結婚式場の運営を継続する意思表示行いましたが、土地所有者による敷地運用に伴い閉館する事になった、との事です。

不動産・建設の総合メディア「建設ニュース」が伝える所によると、「アルカンシエルベリテ大阪」の敷地は約1.7haもある様で、相当な規模の再開発が可能となります。既存建物の解体工事は2022年1月末に完了する予定です。

【出展元】
アルカンシエルベリテ大阪
→建設ニュース>此花区の敷地1・7㌶超で結婚式場を解体/22年1月末までに更地へ/7月末に閉館

 

跡地にはホテル・又は立体駐車場を建設か?


出典:Googleマップに筆者加筆

アルカンシエルベリテ大阪の跡地については、2の予想を立てています。1つめはホテルです。アルカンシエルベリテ大阪は「ホテル ユニバーサル ポート」の西隣に位置しており、ユニバーサルシティ駅から徒歩圏の好立地です。跡地の面積は約1.7haで、これはUSJオフィシャルホテルで最大のリーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとほぼ同じです。リーベルホテルは延べ床面積は6万㎡を超える巨大ホテルですが、跡地の再開発ではリーベルホテル並みの巨大ホテルが建設される可能性があります。その場合、パーク内から見える事を想定して、ハリウッドエリアにマッチしたデザインになると思います。

 

 



 

2つめの予想は「立体駐車場」です。現在スーパーニンテンドーワールドの西側にある駐車場機能を、アルカンシエルベリテ大阪の跡地を含む複数の敷地外の立体駐車場に分散移転させ、パーク面積をさらに拡大させる、です。ポストコロナを見越してパーク全体のキャパシティを上げる事は非常に重要です。ただし、アルカンシエルベリテ大阪の跡地はパークからの見通しが良いので、背の高い立体駐車場は建設出来ないかもしれません。その為、今回の2つの予想の内、本命はホテル、次点は立体駐車場と考えています。

 

 

 

北側の製鉄所が2023年度上期末~同年度末に休止


出典:Googleマップに筆者加筆

USJは周辺を工場などに囲まれており拡張余地がほとんどありません。しかし、パークを陳腐化さずにビジネスを拡大させる為には5〜10年スパンで新しいアトラクションやエリアを増設する必要があります。最近のUSJの動きを見ると、ハリー・ポッターエリアスーパーニンテンドーワールドの2つのエリアを新設し、パーク面積を拡大させました。この用地は既存の平面駐車場を立体化するなど用地の高度利用によって乗り切ってきました。

中長期的な動きを予測する上で、日本製鉄グループが発表した中長期経営計画にヒントがありそうです。日本製鉄グループは、生産設備構造対策から、さらに追加して高炉や製造ラインの休止を進めることによる国内製鉄事業の再構築を進めて早期の収益力回復を図るとともに、海外事業の深化と拡充、脱炭素トレンドに対応する「ゼロカーボン・スチール」への挑戦、DX(デジタルトランスフォーメーション)戦略を推進しています。

国内製鉄事業の再構築のうち、生産設備構造対策では、ハイカーボン薄板を生産する、瀬戸内製鉄所阪神地区(大阪)の全ラインを2023年度上期末~同年度末に休止する、との記述があります。今回の休止が実質的な廃止なのであれば、USJの北側に広大な空き地が生まれる事になります。USJがコレを見逃すとは思えませんので、将来的にパークの拡張として活用される可能性があります。

※パーク拡張云々は現段階では、あくまでブログ主個人の推測であり決定事項ではありません!!

【出展元】
日本製鉄グループ中長期経営計画について

 

 

 


「ホテル ユニバーサル ポート(左)」と「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ(右)」の並びです。USJオフィシャルホテル群の中では「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」について2番人気のホテルとなっています。

 

 

 


USJオフィシャルホテル最大のリーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンパーク内から見える事を想定し、ニューヨークエリアのイメージにマッチするデザインとなっています。

 

 

2021年10月の様子


現地の様子です。注目のプロジェクトになる可能性が高いので、これから追跡取材を行って行きたいと思います。

 

 

 

 


北側から見た様子です。既存建物の解体工事が始まっていました。小規模な建物なので解体工事は2022年1月末に完了する予定です。意外に早いタイミングで事業者から計画概要が発表されるかもしれませんね。

 

 

 


アップで見た様子です。バリバリ壊しています。

 

 

 


最後は北西側から見た計画地全体の様子です。ユニバーサルシティ駅から現地付近まで歩いてみましたが思ったよりも駅に近いのでホテルの立地として問題ないと思いました。

4 COMMENTS

H

2005年竣工のまだまだ使えるデザイン性の高い建築物を取り壊すのは単純に勿体ないですね
土地所有者による敷地運用に伴い閉館なら仕方ないですが

大阪淀屋

大阪市政では維新以前でUSJの誘致は大英断で太田府政のように工場誘致に全力を挙げておれば再都市化どころか沈没は未だに止まっていなかった。
近隣ではあと一か所工場が停止になる可能性があり、第二USJも可能性がありそう。
そういう点から駐車場の可能性大では。
シャープの堺工場の誘致とUSJの誘致による経済効果を比較してほしい。おそらくかなりUSJの方が高いと思われるが。そして大阪が都市観光の一休都市になる基盤も確立した。
維新の成果はリストラとIRの誘致(成功すれば)と金融都市の復活(もちろん成功すれば)、万博の波及効果で健康産業の集積への道筋づくりか。

再開発民

テーマパークの魅力を高めるためには永遠に拡張していくことになるのか。500年もすれば大阪市内の大半はusjになってるのかもしれない。

サジャ

以前USJはパークの拡張を考えていると言ってたような?
その時はどうするのかな、周りに空けてくれる施設の目途でもあるのかなと思っていましたが。
瀬戸内製鉄所は以前から「ここがUSJならなぁ」と思っていた場所です(ごめんなさい製鉄所の皆さん)。
別に私が思ったからそうなるわけでは無いですが、製鉄所が無くなってUSJ以外の何かが出来るというのは考えられないのでやはり?
ではこのアルカンシエルベリテ大阪の跡地は景観に宜しいいかにもアメリカンなホテルでしょうか?  それとも景観を考慮したホテルカリフォルニアな駐車場が出来上がってそう来るかと唸るのも一興。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です