新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

アーバンビューグランドタワー

IMG_0849.jpg


アーバンビューグランドタワーは、広島の中心地、八丁堀北側、広島グランドホテル跡地に建設された超高層ビルで、分譲マンションを中心にオフィス・商業施設からなる複合型ビルとなっています。









IMG_0854.jpg


近くまで行って見上げました。縦横比が大きなスリムデザインの上に高さが166mもあるので、かなり高く見えました。アーバンビューグランドタワーは、2011年1月現在、中四国九州地区で最高の高さを誇っています。








IMG_0860.jpg

【スペック】
名称:アーバンビューグランドタワー
階数:地上43階、塔屋2階、地下2階    
高さ:166m、軒高149m
総戸数:295戸
敷地面積:5,260.300m2
建築面積:2,962.65m2
延床面積:55,538.85m2
竣工:2004年03月
所在地:広島市中区上八丁堀4番1号
より大きな地図で 広島再都市化 を表示








IMG_0869.jpg


北側から見たアーバンビューグランドタワーの様子です。良く紹介される南側とは全く異なったデザインになっていて、新鮮な感じでした。最上階まで続くシースルーエレベータが目を引きます。




IMG_0870.jpg  


縦アングルで。旧式の路面電車と最新鋭の超高層ビルの取り合わせが不思議とマッチしている気がしました。









IMG_0877.jpg

最後は少し引き気味で見たアーバンビューグランドタワーの様子です。周辺のビルに比べると本当に飛び抜けた高さです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です