【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

(仮称)清和梅田ビル 14.06

th_IMG_9007.jpg


(仮称)清和梅田ビルは、曽根崎2丁目にある「旭屋書店本店」と、隣接する「梅田第一ビルディング」を地上21階、塔屋1階、地下2階、高さ106.15mの超高層ビルに建て替える再開発計画です。また、(仮称)清和梅田ビルに、ビル埋込み型としては世界で初めて機械式立体駐輪場(サイクルツリー)が設置されます。














th_IMG_8998.jpg  

【スペック】
名称:(仮称)清和梅田計画
所在地:大阪市北区曽根崎二丁目127
階数:地上21階、塔屋1階、地下2
高さ:106.15m
構造:鉄骨造(柱CFT)、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :杭基礎
主用途:事務所、店舗
総戸数:−−−
敷地面積:1,941.27
建築面積:1,155.06
延床面積:23,791.29
建築主:清和綜合建物
設計者:清水建設
施工者:清水建設
着工:201207
竣工:201503月(予定)









th_IMG_8995.jpg

前回の撮影が5月だったので約1ヶ月振りの取材です。最後部に到達する直前といった所でした。








th_IMG_9024.jpg

頂部の様子です。よくみると銀色の亜鉛メッキが施された鉄骨が組まれています。この部分は塔屋になります。







th_IMG_9027.jpg


最後は梅田阪急ビルから見た(仮称)清和梅田ビルの様子です。




1 Comment

.

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
最後の写真はサウスゲートビルからではなく梅田阪急ビルからではありませんか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。